CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

about CEL

エネルギー・文化研究所

「豊かな暮らし」「地域・都市・地域の活力・成長」「独創的で持続可能な社会」実現のために

エネルギー・文化研究所(※通称CEL)は過去から未来への歴史・時間軸と、内と外の地理軸とをかさねあわせ中長期の視座を踏まえ、社会や様々な場の動きを掴み編集して、これからのあり姿を研究・デザインして、社内外への情報発信を目的に、大阪ガスの企業内研究所として1986年に設立されました。多様なステークホルダーとの協働を通じた、理論と実践活動を組み合わせた社会への提言活動に取り組んでまいります。
※Research Institute for Culture, Energy and Life

詳細はこちら
CEL Informational Magazine

情報誌CEL

【特集】ルネッセ 今とこれから

情報誌「CEL」は、116号から120号まで5回にわたって「ルネッセ(再起動)」をテーマに、「場―都市」「交―交流」「耕―文化」の理論編、海外の取り組みに学ぶ実践編へと展開を続け、日本社会が抱える問題の本質を浮かび上がらせるとともに、再興へ向けた方法論を提起してきました。 今号では総集編としてこれまでの活動を振り返りながら、「ルネッセ」の今を捉えつつ、未来へとつなげていくための実践を目指します。

バックナンバーを見る
読者アンケート
  • U-CoRo
  • 語り部シアター
  • ルネッセ
  • NEXT21
Fields of Research

エネルギー・文化研究所

所長 田中 雅人

顧問 池永 寛明

田中 雅人

池永 寛明

生活者

少子高齢化、ライフスタイルの多様化を見据え、これからの住まいのあり方、人生のあり方を提言・実践する。

CEL研究領域

地域・コミュニティ

都市や地域が歴史の中で培ってきた風土と文化の本質を明らかにするとともに、これからのあるべきコミュニティを再構築する方法論を考え、実践する。

経済・産業

これからの時代の社会・産業に求められる新たな実践マーケティングとともに、地域経済の再構築に資する起業のあり方を提示する。

都市のインフラ

脱炭素社会の実現をはじめ、災害に強いまちづくりといった観点も踏まえ、これからのエネルギーをはじめとする都市インフラのあり方を提言する。

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所(CEL) 〒541-0046 大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス