CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>研究領域>弘本 由香里

地域・コミュニティ

弘本 由香里 新着情報 論文・レポート コラム U-CoRo ゆーころ 上本町台地コミュニケション・ルーム

暮らしを支えるコミュニティ・デザインのあり方を研究

少子高齢化、人口減少とともに、単独世帯のマジョリティ化が進んでいます。暮らしをとりまくさまざまなリスクや不安や格差も生じるなかで、生活者のウエルビーイングと地域の持続性を高めていくには、人々の交わりを豊かにしていく関係性のデザインが不可欠です。そこで、地域資源を活かして、人と人、人と地域の新たなつながりを育み、ソーシャル・キャピタルの形成に寄与する実践研究に取り組んでいます。

研究分野

都市居住、コミュニティ・デザイン

経歴

住宅建築専門誌「新住宅」編集員を経て、現職。その後、立命館大学政策科学部非常勤講師(1998年〜2006年)、同志社大学政策学部非常勤講師(2007年〜2009年)、同志社大学大学院総合政策科学研究科非常勤講師(2010年〜)、追手門学院大学地域創造学部非常勤講師(2017年〜2018年)も兼任。また、大阪市立住まい情報センターの開設業務にも就き、住まい・まちづくり政策及び文化政策等の推進に継続して携わっている。
都市住宅学会関西支部常議員、ドーン財団アドバイザー、大正・港エリア空き家活用協議会理事等も務める。

アウトプット

「もうひとつの都市再生へ 大阪長屋文化再考」
(季刊誌CEL連載/2003年6月〜2004年3月)
『大阪 新・長屋暮らしのすすめ』(共著/創元社/2004年)
『自治都市・大阪の創造』(共著/敬文堂/2004年)
『シリーズ都市再生(1)成長主義を超えて大都市はいま』
(共著/日本経済評論社/2005年)
「地域に根差したまちづくりの芽生えと広がり」
(財団法人大阪社会運動協会『大阪社会労働運動史』第9巻第3章第3節6/2009年)
「ストック活用型・居住支援型の政策展開へ〜関西3都市の住情報センターの
取り組みから〜」(都市住宅学会誌66号/2009年)
『地域を活かすつながりのデザイン』(共著/創元社/2009年)
「大阪・上町台地発 都心居住文化の創造へ」
(季刊誌CEL連載/2004年9月〜2012年3月)
「大阪・上町台地周辺地区におけるまちづくり情報の継続的な収集・編集・発信」で、
社団法人都市住宅学会 2011年都市住宅学会業績賞(2011年)
『増補版 上町台地つながりのスタイルブック U-CoRoプロジェクト5年の物語』(編著/2013年)
『「コミュニティ・デザイン論研究」読本』(共編著※講義録/2016年)
「変わる社会構造・生活者の意識とコミュニティの課題」(2017年度「コミュニティ・デザイン論研究」レクチャー・ドキュメント)
「過去・現在・未来を貫いて、知の共同化の回路を地域・社会に組み込む」(情報誌CEL/2018年7月1日)

論文レポート 続きを読む

作成年月日

タイトル

執筆者

研究領域

媒体

Vol.

2018年07月09日

「コミュニティ・デザイン論研究」レクチャー・ドキュメントの公開 その1 講師:弘本由香里(大阪ガス エネルギー・文化研究所 特任研究員)

弘本 由香里

都市・コミュニティ
研究報告

2018年07月01日

過去・現在・未来を貫いて、知の共同化の回路を地域・社会に組み込む
−大阪・上町台地界隈での実践から

弘本 由香里

都市・コミュニティ
情報誌CEL 119

2018年02月28日

実践レポート「地域資源の編集を通したエンパワーメント」が『21世紀ひょうご(vol.28)』に掲載されました。

弘本 由香里

都市・コミュニティ
研究報告

2016年03月01日

未来への記憶を共有する

弘本 由香里

都市・コミュニティ
情報誌CEL 112

2015年03月02日

単独世帯のマジョリティ化と、インフォーマルなコミュニティワークの可能性

弘本 由香里

住まい・生活
都市・コミュニティ
情報誌CEL 109

所長 田中 雅人
顧問 池永 寛明
加茂 みどり
遠座 俊明
弘本 由香里
栗本 智代
鈴木 隆
奥田 浩二
松井 直央
当麻 潔
小島 一哉
前田 章雄