CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 大阪まちひと探訪(2)〜(5)

論文・レポート検索

Search

新聞・雑誌・書籍

栗本 智代

2007年02月27日

大阪まちひと探訪(2)〜(5)

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2007年02月27日

栗本 智代

都市・コミュニティ

地域活性化

新聞・雑誌・書籍

フジサンケイビジネスアイ掲載コラム

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

近代モダニズム再見?< 新井ビル「五感北浜本館」>

北浜のビジネス街に華やかな店がある。洋菓子専門店「五感・北浜本館」である。堺筋に面した「新井ビル」の一・二階に、一昨年の春オープンした。入り口の小さな階段を上がると、吹き抜けのアトリウム空間が広がり、甘い香りとともにたくさんの菓子が迎えてくれる。週末も営業することで、北浜がおしゃれな街へと変わってきている。

新井ビルは、大正十一年、河合浩蔵の設計で大日本報徳銀行として建設された。ゼツエッション様式のファサードや茶色のタイルなど当時最先端の流行を取り入れた近代の名建築である。建物に深い愛着をもつオーナーが世代をこえて、手間隙かけて保存に苦労してきたときく。「五感」代表の浅田美明さんは、東淀川で洋菓子専門店を営むが、百貨店に出店する際この新ブランドを立ち上げた。「大阪銘菓を創りたいと思い始めた時、新井ビルと出会った。北浜の街や建物の雰囲気に魅せられ、ここを拠点に大阪ブランドを構築し、街づくりにも貢献したいと考えた」。改修は最低限にとどめ、高い天井、二階の回廊や個室など銀行時代の重厚な雰囲気が残された。自然素材にこだわった菓子を建築空間とともに贅沢に味わえる、貴重な「場」である。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】デジタル社会の歩き方

日本社会のデジタル化が加速するなか奇しくも、コロナ禍により、デジタル化の遅れとい...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号