CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 朝日新聞コラム「環境と私」

論文・レポート検索

Search

新聞・雑誌・書籍

栗本 智代

2007年02月27日

朝日新聞コラム「環境と私」

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2007年02月27日

栗本 智代

都市・コミュニティ

まちづくり

新聞・雑誌・書籍

朝日新聞コラム

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

昨年秋、小学校の図工展に足を運んだ。一年生の長女が出展した作品は、「みんなでパレード」という題の「びん人形」である。不要になった酢や酒、飲料の空き瓶を大小重ねた上に紙ねんどを貼り付け、絵の具で人型に仕上げたものだ。色鮮やかな衣装をまとい好き勝手なポーズをとった人形たちは、無邪気なだけに力強いアートとして見応えがあった。

子供達にかかると、廃品となるはずのモノが楽しい作品になる。牛乳パックの角を縦に切り、底の対角線を内折りしたところをぱくぱく動く口に見立てる。あわせて、好きな動物などの顔と体を色紙で張り付け目鼻をつけると、紙パック人形のできあがり!破れかけたスカーフも、娘が羽織ると少女戦士のマントにはや変わりする。子供の世界では、遊び心をくすぐるリサイクルの智恵が当然のように氾濫しており、感心させられる。

一方、大人の世界では…と考えると、大阪の街の中でも、いくつか、資源を有効に再利用する動きが定着しつつある。例えば、近代建築物。維持保存が大変なため、つぶされる予定であった銀行仕様の建物にほれ込んだ有志が、オーナーに直訴して借り受け、お洒落なウエデイングレストランとして再生させた。他にも近代建築物の改修による、本格的なフランス料理店、洋菓子屋や雑貨店、ギャラリーなど、誰でも滞在を楽しめる「開かれた場」が、船場のビジネス街周辺に増えてきた。大阪の町家や長屋のよさを見直し、戦前から残るまち並みを維持保存するための活動も盛んである。長屋の空き室に、アーテイストが移り住んだり、路地を舞台にしたアートイベントが開催されたりして、マスコミに取り上げられ注目を浴びたことで「こんな古いまちのどこがいいんや」と言っていた住民が、改めてわがまちのよさを再認識している。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】デジタル社会の歩き方

日本社会のデジタル化が加速するなか奇しくも、コロナ禍により、デジタル化の遅れとい...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号