CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > CELからのメッセージ 「世のため、人のため」の消費に目覚める生活者

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

木全 吉彦

2012年01月05日

CELからのメッセージ 「世のため、人のため」の消費に目覚める生活者

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2012年01月05日

木全 吉彦

住まい・生活

消費生活
ライフスタイル
その他

情報誌CEL (Vol.98)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

-人のこころに届くマーケティング-

 マーケティング学者のコトラーが著した Marketing3.0 という本があります。副題は From Products to Customers to the Human Spirit で、直訳すれば、「製品から消費者そしてこころのマーケティングへ」といったところでしょうか。2010年4月に刊行され、半年後の9月には『コトラーのマーケティング3.0−ソーシャル・メディア時代の新法則―』というタイトルの邦訳も出ました。
 コトラーはマネジメントにおけるドラッカーと同じく、マーケティングの世界では神様のような人です。彼によれば、マーケティング1.0は製品中心、すなわち供給側の視点。2.0は消費者満足いわば需要側の視点に立つものとされます。まだ多くの企業が1.0から2.0への移行の途上にあると言ってよい今、コトラーはさらにバージョンアップしたマーケティングの概念を3.0として提唱したのです。
 供給者と消費者が向き合う市場で、シーズ(商品やサービス)とニーズをマッチングさせるのがこれまでのマーケティングでした。しかしマーケティング3.0では、消費者は単に商品やサービスの品質や機能に対する要求が満たされることだけでなく、一段高い次元で、人間としての精神的充足を求める、とコトラーは言います。
「衣食足りて礼節を知る」は、紀元前6世紀の中国の思想家・菅仲の言葉ですが、より便利に、より快適にと人間の欲望はとどまることを知りません。「足るを知る」のは決してたやすいことではなく、衣食が足りても礼節をわきまえない人が多いのもまた事実です。
 果たして、私たちは本当にマーケティング3.0の世界を迎えつつあるのでしょうか?

-世のため、人のため、明日はわが身-

 今回の特集のテーマである「倫理的消費=Ethical Consumption(エシカル・コンサンプション)」とは、消費者が社会的・普遍的な価値に目覚め、自身のためだけでなく「世のため、人のため」になる消費行動をとることにほかなりません。コーズ・リレーテッド・マーケティング(良き目的の達成支援につながるマーケティング)としては、ベルマーク運動のようにすでに半世紀以上の歴史を持つものもあれば、近年は森林や水資源の保全、地球温暖化防止、飢餓・貧困の解消など、社会的責任を果たすためのさまざまなメニューが企業側から提案され、消費者もそれに応えてきました。