大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 読売新聞コラム「潮音風声」?

論文・レポート検索

Search

新聞・雑誌・書籍

栗本 智代

2002年02月06日

読売新聞コラム「潮音風声」?

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2002年02月06日

栗本 智代

都市・コミュニティ

地域活性化

新聞・雑誌・書籍

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

真っ白なもこもこの手袋、てっぺんにぼんぼりのついた帽子、花柄のワンピース…。幼い頃、母は私のためによく編み物や洋裁をしてくれた。

「ママ、智代も新しい手袋ほしい」。すぐに手にしもやけをつくる私に、母は、太い毛糸を使って手袋を編み始めた。しかし、毎日動く編棒の先からできてくるものが、どうもイメージと違う。“5本指の形で動物がついてるのがいいのになあ”。友達が得意げにはめていた市販品に憧れつつ、言い出せなかったっけ。完成したのは、白一色で分厚く親指だけ離れた形のもの。はめると手が不格好に大きく見えたが、とてもあたたかかった。

そんな私も女の子を出産した。しばらくして母が持ってきたのは、私が乳児の頃に身につけていた衣類だった。自作の手編みカーデガン、オーバーやあひるの絵がついた布おしめもある。押し入れの奥から引っ張り出してきたらしい。多少色あせたものもあったが、子供は文句を言わないし時々着せていると「あら、その赤いコートかわいいね」と保育所でほめられて「うふふ」と思ってしまった。この世に1つしかない服だもの。

しゃれた既成服を店頭で選ぶのも、それをわが娘に着せてみるのも楽しい。今はモノが豊富で、便利でラクチンな方に当然のように身をゆだねてしまうが、その分、母が私に与えてくれたようなぬくもりをどんな形で子供に伝えてやれるか、手探りを始めたところである。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号