CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 「道頓堀極楽商店街」

論文・レポート検索

Search

新聞・雑誌・書籍

栗本 智代

2007年03月31日

「道頓堀極楽商店街」

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2007年03月31日

栗本 智代

都市・コミュニティ

まちづくり

新聞・雑誌・書籍

月刊誌「大阪人」2007年5月号

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

道頓堀ストリートに、金色の“えべっさん”が微笑んでいる。ローマの休日よろしく、その口に手を入れると「ゆっくり遊んでいきやぁ」「お腹すいたなぁ」とひとり言をおっしゃる。見上げたビルには、これまた大きなえべっさんの顔が看板になっていた…。「道頓堀極楽商店街」は、浪花座跡のサミー戎プラザに2004年7月オープンした。ど派手な外観とは異なり、しっとりと、夕暮れの昭和を思わせるレトロな街並みが、5階から7階まで3フロアにわたり広がっている。「道頓堀にこんな所があったんやね、はじめて来たわあ」と驚く連れ合いとともに、入り口で記念撮影のあと、商店街を練り歩く。「元祖円タク 大阪タクシー、市内一圓均一」「オハヨー歯ぶらし」「大阪大穴競馬」などポスターの文字が、すべて右から左へ書かれ、時代を感じさせる。大福町、夢見世通り、恋街筋と、ネーミングも“極楽的”だねと話しながら、しょうゆやソースの香りに引き寄せられる。タコ焼きのワナカ、お好み焼きのオモニ、くわ焼きの九志焼亭、串かつのだるま。難波、新世界、生野などに本店のある有名どころばかりではないか。他にも明石焼きは長田、蜂蜜最中アイスは三重、小龍包はなんと上海から初上陸という。わざわざ遠くまで足を運ばなくても、ここでいろいろ味わえる。食べなくては損だ。自分で焼くたこ焼き店「蛸やくし」をのぞくと、「こういう風にコロコロしてね。」「どっから来たん?大阪おもしろいでしょう」と店のおばちゃんが懇切丁寧に若いカップルに指導している。お好み焼きの桃太郎に入ると、目の前の鉄板に出来立てを運んでくれた。「鉄板熱いから、やけどするよ」と店のおにいちゃん。玉子やじゃがいもの入った生地がふんわりとおいしい。たこ焼きやお好み焼きはB級グルメとよく言われるが、侮るなかれ、名店の味はA級である。ぺろりと平らげながら、大阪の“粉もんパワー”を再認識した。街角には、ミルクせんべい売りの女の子が「いかがですか?1枚からですよ」と微笑む。くじ引きでもらえる枚数が決まるという。昔ながらの「わた菓子メーカー」も実際に動く。ちんどん茶屋「飴勝」に寄ると、店員さんが「こう見えても私、ちんどん屋が本業です」と話しかけてきた。「ちんどん太鼓の担当なんですよ」と指さす方には、本物が展示してあり、珍しさに見入ってしまった。

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】デジタル社会の歩き方

日本社会のデジタル化が加速するなか奇しくも、コロナ禍により、デジタル化の遅れとい...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号