大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

論文・レポート検索

Search

新聞・雑誌・書籍

弘本 由香里

2008年01月21日

大阪の鑑

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2008年01月21日

弘本 由香里

都市・コミュニティ

まちづくり

新聞・雑誌・書籍

産経新聞夕刊「感・彩・人コラム」

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

「ワースト」や「脱ワースト」という言葉で、大阪のまちが語られることの多い昨今。まちの誇りも、まちの愛し方も、見失ってしまいかねない。そんななか、国境をも遥かに越えて、愛されている楽園が、大阪に存在していることを知った。

1991年からずっと、大阪城公園にやってくる野鳥を見つめ続きえてきた、元山裕康さんが教えてくださった、とっておきのお話しである。

大阪城公園は、大阪平野の中央部、大阪市内を南北に走る上町台地の北端に位置する。日本列島に渡ってくる鳥たちの数多くが、まるでまちのなかに浮かぶ緑の小島のような大阪城公園を、頼みとして降り立つのだという。

春に南の海を越えて渡ってくる夏鳥たちは、大阪城公園で羽を休めて各地の山々へ、繁殖地を求めて再び飛び立ち、秋に北の海を越えて渡ってくる冬鳥たちは、越冬地のひとつとして大阪城公園にやってくる。年間を通して生息する鳥たちや、国内を移動している鳥たちも行き来する。さながら、野鳥のハブ空港とでもいうべき様相である。

元山さんは、16年間の観察で148種に上る野鳥を確認し、年平均でも約100種が見られるという。全国の都市公園のなかでも突出した飛来数は、立地の妙と、戦後の植樹によって生み出された、緑の質・量に支えられている。国境を越えて行き交う鳥たちの楽園、国際都市・大阪の鑑としたいものである。

 

  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • 都市魅力研究室
  • OMS戯曲賞

【特集】対話で変わる人と組織 −精神療法を手がかりに

平成の「失われた30年」。 日本は、先進国のなかで唯一経済が停滞し続けた。 社員...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス