CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 火のある生活、火のない生活

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

豊田 尚吾

2004年03月26日

火のある生活、火のない生活

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2004年03月26日

豊田 尚吾

エネルギー・環境

エネルギー・ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.68)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

 今号の特集テーマは「『火』の創造力」である。ここでは他の論考とは少し異なった形で「火」の創造力を引き出してみたい。

 鍋やかまどの火、ランプの灯火、風呂をたくための火、タバコの火。少し前までは、火のある生活は当たり前で、火のない生活などは想像できなかった。現在、ライフスタイルの変化や技術の発展により、少なくとも直火を見る機会は格段に減ってきている。そして、全く火を使わない生活すら不可能ではない。では、火を使わないという選択肢も含め、消費者はどのように生活のあり方を決めているのであろうか。そして、彼らの生活向上に企業が貢献できるとすれば、どのように消費者と関わりあっていけばよいのであろうか。我々とつきあいの深い「火」という存在は、その問題意識に対して、ヒントを与えてくれるように思う。

 本稿で論じることを具体的にいえば、火力を扱う家電製品をめぐるある騒動を参考に、消費者の生活選択について考察する。そしてそれを通じて、消費者とエネルギー企業とのコミュニケーションのあり方に関して含意を導き出すことを目的としている。本稿の結論および主張は以下の通りである。消費者が意思決定する場面では、複雑なプロセスが関与している。企業はその構造まで理解して、消費者とのコミュニケーションを図らなければ彼らの生活向上に貢献できない。しかし、多くの、特に火を扱うエネルギー企業は、依然としてそのような「消費者の論理」を十分取り入れているとはいいがたく、一層の努力が必要である。一方、消費者も情報の収集や利用などにおいて、その背後にある状況を正確に認識する努力が不可欠である。それが消費者にとって、よりよい意思決定を促すことにつながる。