CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 火を体験する

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

関根 秀樹

2004年03月26日

火を体験する

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2004年03月26日

関根 秀樹

エネルギー・環境

エネルギー・ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.68)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

焚き火の魅力

 道端や川原で火を焚いていると、なぜか人が寄ってくる。ひとこと二こと言葉を交わしては、手をあぶり、あるいは火のそばにしゃがみ込んで、遠い日を懐かしむようにじっと火を見つめる。

 ゆらめき変幻する炎。かすかに甘い煙の匂い…。火には人の六感を満たしてさまざまなイメージを喚起し、時には妖しい幻覚をも呼び起こす不思議な作用がある。パチパチと木がはぜる音を聞いていると、やがて時間感覚も麻痺して、妙にゆったりとひそやかに安息したり、逆に言い知れぬ興奮を覚え、いつになく冗舌になったりもする。火は、人間のDNAに刻まれた根源的な記憶を呼び覚ます触媒であり、神々や祖霊の世界へといざなう最古のマルチメディアだ。

 いま目の前で燃える火は、アフリカの谷で猿人や原人たちが見つめた火とも、五千年前に縄文人が見つめた火とも、基本的に変わることのない同じ火だ。同時に、今この瞬間に燃え盛る火は数秒前の火とも違うし、一瞬後の火ともまた違う。古代の神話・伝説や音楽の多くも、火のそばで生まれた。火は実に、人類文化の原点であった。

火を使えない学生たち

 いま、大学生の多くは、ナイフで木や竹を満足に削れないし、マッチで火をつけられない者も増えている。焚き火でご飯を炊こうにも、かまどを組むことに思い至らず、不安定な焚き火の上に直接飯ごうや鍋を置こうとしたり、太い薪を割りもせず、そのまま百円ライターで点火しようとする学生もいる。「先生、火が着かないんですけど…」。焚きつけというものを知らないのだ。