CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 観光都市への飛躍は、大阪の"主軸"再発見から【もうひとつの旅クラブ】

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

CEL

2006年03月25日

観光都市への飛躍は、大阪の"主軸"再発見から【もうひとつの旅クラブ】

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2006年03月25日

CEL

都市・コミュニティ

地域活性化

情報誌CEL (Vol.76)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

中之島に「舟屋」を開設し、水都の魅力を発信

 昨年一〇月八日から一か月間にわたって、大阪・中之島のバラ園に「舟屋」を設け、全国各地からの交流の歴史が再現された。

 「中之島“舟屋”プロジェクト」と名付けられた、このイベントを企画・運営したのがNPO法人もうひとつの旅クラブだ。

 「大阪の観光といっても、多くの人はお決まりのような観光スポットを点々と訪れるだけ。大阪という都市のもつ多彩な魅力には目が向けられない。そのひとつの理由は、大阪というまちの骨格になる“主軸”が見えにくいからではないか。そこで、私たちは、南北軸の御堂筋や堺筋と同様に東西軸の中之島に着目し、これらが交錯する点を活性化させることで、大阪に点在する多くの魅力を結びつけようと考えました。この舟屋プロジェクトはその第一歩で、東西の水陸両用の軸線を再発見しようとしたものです」と代表の李有師さんは説明する。

 中之島といえば『市役所の事件ばかり』と言われるが、「それでは、大阪の本当の姿を何も表していません」と李さん。かつての中之島は、人々が憧れのまなざしを向けるエリアだった。特に水辺周辺には諸藩の蔵屋敷が置かれ、日本の交流文化の中心地として、全国から人々が訪れ、その息吹を持ち込んだ。その証拠に、各地の地名が大阪に数多く残っている。しかし今では、そんなこともすっかり忘れ去られてしまっている。