CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 >  全国から注目を集める「千里ニュータウン」の試み

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

千里ニュータウン

2009年03月19日

 全国から注目を集める「千里ニュータウン」の試み

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2009年03月19日

千里ニュータウン

住まい・生活

住宅

情報誌CEL (Vol.88)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

地域コミュニティの活性

 日本最初の大規模ニュータウンである「千里ニュータウン」では、現在、住民の高齢化や建物の老朽化も進むなど、さまざまな問題が起きているという。

そうした問題を憂い、地元を愛する有志が集って、街の再生を図ろうと2001年にオープンしたのが「ひがしまち街角広場」だ。

 北大阪急行「千里中央」駅の東部、商業施設が集まった「近隣センター」の空き店舗を利用した交流の場「ひがしまち街角広場」は、様々な世代の賑やかな声で溢れている。一際元気な顔を見せているのが代表の赤井直氏だ。「顔も名前も知らなかった人たちが、気軽に知り合える場所づくりのために2001年にオープンさせました。いつか誰も来なくなるんじゃないかと思っていたのですが、訪れる人の数がどんどん増えています」と赤井氏。この広場では、子供や男性の利用者も多く、世代を超えた笑顔の絶えない交流があるという。

 取材中、広場2階に事務所を構える『千里・住まいの学校』代表の山本茂氏と副代表の太田博一氏に出会った。同事務所は2004年秋に住民・専門家・大学・事業者が集まり?千里の人々が安心して、楽しく住み続けられるように“と設立されたという。

「初めは高齢者が抱える住まいの問題に応えることを目的に設立し、その後、調査・研究や住まいづくりのコーディネートなども手がけるようになりました。その後、06年には内閣官房都市再生本部の『全国都市再生モデル調査』事業に採択され、同年暮れには特定非営利活動法人になりました」と山本氏は説明する。