CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>研究領域

研究領域

4つの研究領域で社会課題にアプローチします。

エネルギー・文化研究所は「エネルギー・環境」「都市・コミュニティ」「食・住まい」「社会・生活・文化」という4つの研究領域を設定し、重要な社会課題をテーマに定め、研究・実践・提言に取り組んでいます。

エネルギー・環境

エネルギー・環境に配慮したライフスタイルやスマートコミュニティの研究に取り組むとともに、生活者の持つべきリテラシー(基本的知識)向上を目指します。

都市・コミュニティ

地域資源を活用したコミュニティ活性化や地域の歴史・文化価値の再発掘などの実践的研究活動に取り組むとともに、都市政策への提言を行います。

食・住まい

火の効用や食文化の研究、実験集合住宅における住まい方の仮説・検証を通じて、食や住まいにおけるクオリティ・オブ・ライフの向上に取り組みます。

社会・生活・文化

生活者の意識・行動に関する調査に基づくライフスタイルの研究やマーケティング視点からの生活者研究などを通じて、社会と共存する生活者のウェルビーイング(よい生活)実現に取り組みます。