大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > デジタル社会の二刀流の「幸せ」

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

金澤 成子

2021年11月01日

デジタル社会の二刀流の「幸せ」

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2021年11月01日

金澤 成子

住まい・生活
都市・コミュニティ

ライフスタイル
コミュニティ・デザイン
地域活性化

情報誌CEL (Vol.129)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

コロナ禍では世界の先進国と比べ、日本における官民のデジタル化の遅れが顕在化しました。政府はデジタル庁を設置し、「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化を。」をミッションとし、ポストコロナに「一人ひとりの多様な幸せを実現するデジタル社会を目指し、世界に誇れる日本の未来を創造します」としています。今号では、デジタル社会に向けてスタートラインに立った日本が、今後どのように歩いていくべきなのか、先駆的な事例を通じて考察しました。

国家存続の危機から隣国も巻き込み、デジタル先進地域として持続的成長と幸福を勝ち取った北欧バルト8カ国。インターネットの発想の真逆をいく、あえてローカルなSNSで地域の関係性を掘り起こした「ご近所SNSマチマチ」の躍進。スマホの普及などで外からさまざまな情報が入ってくるため、ひとつの物理的空間にたくさんの「孔」が開いてしまう「多孔化」社会での世代を超えた「協働」のあり方。同じ価値観の人に囲まれて生きる「幸せな分断」という安住の壁を乗り越え、自律した個人と集団の双方の幸福が両立する「人類の調和」社会への挑戦。これらは共通して、デジタル化への信頼がベースとなっています。

デジタル化は生活の不便を便利に変えた一方で、失ったものもあると感じています。『サザエさん』に代表されるアナログ世代の社会では、ご近所の情報をいち早くつかんでいる不動産屋さんや御用聞きの酒屋さん、時には「バカもん」と怒鳴りつけてくれる波平さんのような存在がありました。失敗してもそばで支えてくれる人たちがいるので、安心して成長できたのです。当時のアナログ社会には、世代を超えて顔の見えるつながりがあり、自己を承認してくれる多くの「幸せ」の場があったように思います。「いいね」に代表される承認欲求は、今も昔も変わらぬ普遍的なものかもしれません。しかし、それを満たすアナログ社会では当たり前にあったつながりが、デジタル社会では薄れてしまい、その解消のためにインターネットへの依存度も高まっているのではないでしょうか。「誰一人取り残さない」デジタル社会の「幸せ」を実現するためには、リアルとバーチャルの二刀流で、世代を超えて安心してつながることができる「幸せ」の場をデザインすることが重要ではないかと考えます。

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス