CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 特集 明日の食の「あたりまえ」

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

CEL編集室

2014年11月01日

特集 明日の食の「あたりまえ」

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2014年11月01日

CEL編集室

住まい・生活

食生活
ライフスタイル
その他

情報誌CEL (Vol.108)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

日本人の「食」が、いま急激に変化しつつあるという。
かつて、洋食や中華など海外の料理を取り入れ、便利な調理器具や加工食品を開発することで、日本の家庭は豊かな食の可能性を得た。
しかし、いま起こりつつあるのは、「生命を支えるために食物を手に入れて調理する」という行為そのものの根源に関わる変化かもしれない。
「食」が担ってきた機能を再認識し、社会環境の変化が食をどう方向づけつつあるかを見据え、食の日常の姿すなわち「あたりまえ」が、どのように変化していくのか展望してみたい。