CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 連載フォト・エッセイ 「耕す人々」(6)都市の真ん中で農業を

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

太田 順一

2012年11月01日

連載フォト・エッセイ 「耕す人々」(6)都市の真ん中で農業を

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2012年11月01日

太田 順一

エネルギー・環境
住まい・生活

地球環境
地域環境
ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.102)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

 6月のある平日の朝。出社する人たちが足早にビルのなかへと駆け込む8時10分――「新・里山」では10人ほどの人たちが素足になって水を張った田んぼに入ろうとしていた。これから30 分間、始業前に田植えをしようというのだ。子どものような歓声があがる。
 「うわぁ、このにゅるっとした泥の感触、気持ちいい」「あ、カエル!」
 ボランティア組織「新梅田シティ里山くらぶ」のメンバーたちだ。新梅田シティのオフィスワーカーたちが企業の枠をこえて参加している。米づくりは刈り取り、脱穀までをおこない、他に野菜づくりや雑木林の下草刈りなど里山保全の活動も。
 「田植えは初めて。想像していたよりも楽しいです」「これからまだ仕事がある、そんなことも忘れて熱中してしまいます」
 学校の部活の“朝練”みたいなノリである。
職場のすぐそばに里山があるからこそ、短い時間で手軽に自然を満喫し農作業を楽しむことができる。そのうえ、よその会社の人たちとも交流ができる。願ってもない環境、そして価値あるクラブ活動だ。
 積水ハウスCSR 室の信田由加里さん(30)は、「里山くらぶ」の担当をするようになって人とのつながりが広がり、自身のものの見方も変わったという。
 「前は、単にそこに植わっているものだったんですね、稲が。でも自分で田植えをしてみると愛着が生まれて、生育が気になって仕方なくなるんです」

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】未来を創る −新しい住まいのかたち

生活様式や社会的価値観が大きく変わろうとするなか、私たちはどのように社会とかかわ...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号