CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 生活しているまちへの意識と関わり

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

栗本 智代

2010年10月01日

生活しているまちへの意識と関わり

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2010年10月01日

栗本 智代

住まい・生活
都市・コミュニティ

住生活
その他

情報誌CEL (Vol.94)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

−はじめに−
 このところ、人々の娯楽への関心が、海外などの名所や文化から、日本や地元、つまり身近な歴史や文化に帰ってきたと思わせるブームが続いている。たとえば、奈良県興福寺の“阿修羅”像が、巡回展で全国的に有名になって奈良にもどってきた。桃山時代を代表する絵師「長谷川等伯」の展覧会も同様の現象が起きた。住んでいる地域やとなりまちを、地元の案内人と一緒に歩くツアーも静かな人気を集めている。
 身近な地域への関心や、活動への参加、コミュニティ内での交流は、日々の時間をより豊かに充実させてくれる。そのことに気づき始めた人は少なくないだろう。今後さらに、関心を持つためのきっかけや出会いが必要であり、多様な情報や参加プログラムも望まれる。
 本稿では、当研究所(大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所)が2010年に行った生活意識調査の中で、「生活しているまち」(※)に対する意識と関わりについて、質問を行った。世代ごとの傾向を含めて以下に報告する。

(※)「生活しているまち」とは、住まいのある市町村だけではなく、仕事をしたり日常の買い物をしたり、病院に行ったりする市町村のこととして、回答者に答えてもらった。

−生活しているまちに関する知見〈現状〉−
 まず、生活しているまちに関して、どの程度知っているか、4つの項目について質問した(図1)。
 1つ目は、歴史(まちの歩み、歴史的有名人の有無、開発の変遷なども含む)について。まちの歴史は、自ら興味を持たないと学ぶきっかけや知る機会が少ないが、年齢が高いほど、より興味を持つ傾向にあった。
 全体で、「詳しく知っている」5.2%、「多少は知っている」68.4%、「知らない」26.1%と、約4分の3は何らかの知見がある。年代別に見ると、“詳しく”あるいは“多少は”知っている割合は、年代が上がるほど多くなっており、男女別でも傾向は同じだが、50代を除くと男性の方がよりポイントが高い結果であった。
 2つ目は、「名所」(観光名所や旧跡、神社仏閣だけでなく、話題の人気スポットや施設、店なども含む)について。名所は、テレビや雑誌、新聞、広告など、情報が入手しやすく、また娯楽的要素が大きいため、興味を持つ人も多いのだろう。 全体で、「詳しく知っている」7.6%、「多少は知っている」81.5%、「知らない」10.6%という結果であり、概してよく知られている。世代別には、少ない順に20代、30代と続き、40代以上は大きな差はなく、よく知っている傾向にあった。男女別では、大きな差はなかった。