大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 読売新聞コラム「潮音風声」?

論文・レポート検索

Search

新聞・雑誌・書籍

栗本 智代

2002年01月07日

読売新聞コラム「潮音風声」?

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2002年01月07日

栗本 智代

都市・コミュニティ

地域活性化

新聞・雑誌・書籍

4名によるリレーエッセイ

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

イベントだけでまちはつくれないが、まちづくりにイベントは必要である。市民が文化芸術・アートに出会う機会がまだまだ乏しい日本において、地域ぐるみのイベントは重要な役割を担っている。

それは、その土地性、芸術や芸能あるいは演じる人、そして見て楽しむ人で共に創りあげる「場」の可能性を広げることにもなり、結果として、住民自身に文化を享受する能力が育つ。今回、まち中・路上を舞台にした大道芸をテーマにしたイベントを紹介する。

<第2回全国ちんどん博覧会>

2001年8月29日(水)〜31日(金)、大阪天満宮にて開催された。若手を中心とした全国のちんどん屋が大阪天満宮につどい、会場内6つのステージで、演奏や踊りなど多彩なパフォーマンスを披露した。

「ちんどん屋」と聞くと、昔懐かしいイメージがあり、商店街や下町などを中心に、派手な衣装でにぎやかな音楽を奏でて通りすぎていくものとして、今日では時代の片隅に追いやられた印象をもつ人さえいるかもしれない。しかし実際は、その演劇性や音楽性が見直され、国際的にも興味の目が注がれている。IT産業がめざましい発展を遂げる情報化社会において、「ちんどん屋」によるエリアを絞り込んだ宣伝活動は一見効率が悪いようだが、逆に道ゆく人の心をとらえ、口こみとなって広がるようだ。現在、全国では約150人ものちんどん屋が活動を続けており、年々若手の志望者も増えているという。

ちんどん屋に関するイベントでも、最も大きなものとして、富山で毎年4月に開催される「全日本ちんどんコンクール」が有名である。昭和30年からスタートしたこのユニークなイベントは、当時富山市の芸能課職員の発案で実現した。この時は、ちんどん屋も隆盛を迎えていたものの、商売敵で横のつながりが薄い業界であったようだ。今年で48回目を迎えたこのイベントは、日本全国からプロのちんどん屋が集まり技を競い合うものとして盛り上がりを見せている。こんな催しの中で、ちんどん屋どうしの業界意識や交流も生まれたのであろう。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号