大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 読売新聞コラム「潮音風声」?

論文・レポート検索

Search

新聞・雑誌・書籍

栗本 智代

2002年01月21日

読売新聞コラム「潮音風声」?

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2002年01月21日

栗本 智代

都市・コミュニティ

地域活性化

新聞・雑誌・書籍

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

マンション内で自転車置き場の位置替えがあった。予告はあったものの管理会社の一方的な決定指示に納得がいかず、しばらく落ち着かなかった。

というのも、私はウイークデイは毎日朝夕2歳になった子供の保育所送迎に自転車を活用している。これまでの場所は壁際で安心感があり、出入り口との関係で車体を極度に回転させるコツもやっとつかめたところだった。育児と仕事の両立のリズムをつかむまでの必死の思いがそこにしみこんでいる。「いやだ、変わりたくない。さみしいよ…」。たかが自転車1台分のスペースにそこまでこだわりを持ってしまう自分自身に驚いた。

自転車置き場でこんなに心が揺れるのだから、住まいやまちについて、移動を強制されたりひどく破壊されたらどれほどのショックだろうと、ふと阪神大震災で被災した友人を思い出した。家族の命はとりとめたが家は全壊し「大切なものが瓦礫になり、育ったまちも廃虚同然。もとの日常生活だけでなく自分を取り戻すまで時間がかかりそう」と、ふだんは健気な彼女が力なく瞳を潤ませていた。

復興の中ご近所どうしで、六甲山の緑や小さな川のせせらぎ、阪神間の生活文化が話題にのぼり、励まされたという。私達は日々の営みや人生の物語を場所やまちとの関係の中で紡いでいる。様々な出来事の中で、元気を失わず”私の物語”を歩き続けるため、支えとなる地域のあり様についても改めて考えたくなった。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号