CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 時の話題 人々を結びつけた緑のパワー−阪神・淡路大震災後の活動を振り返って−

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

中瀬 勲

2004年12月25日

時の話題 人々を結びつけた緑のパワー−阪神・淡路大震災後の活動を振り返って−

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2004年12月25日

中瀬 勲

都市・コミュニティ

まちづくり

情報誌CEL (Vol.71)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

時の話題 Commentary

 

人々を結びつけた緑のパワー―阪神・淡路大震災後の活動を振り返って―

 

中瀬 勲 Written by Isao Nakase

 

活動を振り返って

 

参画と協議 阪神・淡路大震災から一年余りが経過した一九九六年二月六日、「第一回ランドスケープ復興支援会議」(略称「阪神グリーンネット」)が神戸市・三宮のビルの一室で開された。予算も組織も何もない状況であったが、民間会社の好意で会議室をお借りして開催することができた。会議室を埋め尽くした数十人の被災地内外からの参加者が、復興にどのように貢献できるかについて、様々な立場から熱い議論を交していたことを鮮明に記憶している。今から思うと『参画と協議』のはじまりであったといえる。

穏やかな連携 そこには震災直後から、花や緑を通じて活動してきたメンバーに加えて、自分たちの地域を花や緑で復興したい主張する主婦や高齢者、何か貢献できないだろうかと考えている学生、今、自分たちが持っている技術で、これまで以上に貢献しようとする緑の専門家、愛好家、公務員などがいた。

設立に参加した組織は、各地のまちづくり協議会、ドングリネット神戸、復興支援グループ「ガレキに花を咲かせよう」、コープグリーンネット、シンクタンク・ユイ、兵庫県立人と自然の博物館グループなどであった。

この会議で、これまで活動していた、あるいはこれから活動しようとする様々な個人や組織が“穏やかに連携した組織”としての「阪神グリーンネット」が立ち上がり、その後の展開へと繋がっていくことになった。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】未来を創る −新しい住まいのかたち

生活様式や社会的価値観が大きく変わろうとするなか、私たちはどのように社会とかかわ...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号