CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > ビオトープが都市にもたらすもの

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

市川 憲平

2004年12月25日

ビオトープが都市にもたらすもの

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2004年12月25日

市川 憲平

都市・コミュニティ

まちづくり

情報誌CEL (Vol.71)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

ビオトープが都市にもたらすもの

 

市川 憲平 Written by Naritaka Ichikawa

 

 土の付いた野菜を汚いと感じ、虫やカエルを怖いと感じる若者が増えているそうだ。彼らにとって虫とは、ゴキブリの延長線上にあるゾッとするものなのかもしれないが、ゴキブリやカエルに咬まれたとか、刺されたという話は聞いたことがない。決して怖い生き物ではないはずだ。彼らが土の付いた野菜を汚いと感じ、カエルや虫を怖がるのは、それらをよく知らないことが最大の理由のように思える。

都会で加工食品ばかり食べて暮らしていると、ヒトを含めて動物は、植物や他の動物の『いのち』を食べなければ生きていけないという、当たり前のことが見えなくなる。それらのいのちが自然の『恵み』であることがわからなくなる。さらには、いのちや自然の重みが理解できなくなり、自然なんかなくても生きていける、などと錯覚するようになる。

以上のような錯覚や誤解は、自然と切り離されて育った都市住人の、自然体験の少なさに起因するものと思われる。狩猟採集の長い年月の中で、ヒトは自然を感じ、それを楽しむ『こころ』を発達させたが、個人のレベルにおいては、それは自然を体験する中で少しずつ発現するものだ。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】未来を創る −新しい住まいのかたち

生活様式や社会的価値観が大きく変わろうとするなか、私たちはどのように社会とかかわ...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号