CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > プロによる戦略立案と地域の力による実践的なまちづくり

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

CEL

2005年06月30日

プロによる戦略立案と地域の力による実践的なまちづくり

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2005年06月30日

CEL

都市・コミュニティ

コミュニティ・デザイン

情報誌CEL (Vol.73)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

再び愛されるまちを取り戻すために

 全国各地でTMO(タウンマネージメント機関)を設立し、地域の活性化を図ろうという動きは見られるが、功を奏していない事例も多い。だが、神戸市の新開地で進められているまちづくりはひと味違い、この数年間で、目に見える成果があがっている。

 新開地は昭和三〇年代までは、かつて「西の浅草」と呼ばれたほど大変な賑わいを誇った。しかし、産業構造の変化とともに訪れる人が減り、いつしか暗く悪いイメージの街となってしまっていた。それを何とかしたいと商店街の人々が中心となって、昭和五八年にまちづくり団体「新開地周辺地区まちづくり協議会」が生まれ、その後、平成一一年、NPO法人「新開地まちづくりNPO」が設立された。 同法人が他と違うのは、地元の人だけでなく、外部から招いたタウンマネージメントの専門家を加えた点だ。

 「少し前までの新開地は、『こわいまち』、『汚いまち』と一般の人に思われていました。それを何とかしたいと、市民主導・協働のまちづくりを強力に押し進めるため、常時まちづくりのことを考えている私たちが必要でした」と、今回のナビゲーターである古田事務局長は説明する。「単に交通の利便がよいから住むというのではなく、『地域コミュニティの再構築』を目標として、『新開地に住みたい』という魅力を出せるようなまちづくりを進めてきました」。