CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 強さと弱さを支える地域の力

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

浦 光博

2005年06月30日

強さと弱さを支える地域の力

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2005年06月30日

浦 光博

都市・コミュニティ

コミュニティ・デザイン

情報誌CEL (Vol.73)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

 かつての地域社会は相互扶助の精神に満ちており、人々のつながりが緊密で、安らぎの場として人々を包み込んでくれた。それが今はどうだろうか。地域内での助け合いの精神と信頼感はすたれ、対人関係は希薄化し、かつては安らぎの源であった近隣関係が、しばしばストレスの元になることさえある。なぜ社会はこうなってしまったのだろうか。

 答えは簡単である。人々がそれを望んだからである。いうまでもなく、ものごとには正負の両面がある。自発的な相互扶助といっても、実はその背後には相互監視があり、それを維持することへの強い社会的圧力が存在した。そして、緊密なつながりは、異質性や変化を容認しない排他的で閉鎖的な環境を作り出した。そのような窮屈な社会をわれわれが嫌ったのである。息の詰まるような人間関係はストレスに満ちている。またそれが人々の移動や社会の変化を阻み、個人としての、あるいは社会としての成長にマイナスに働くことも多い。だからこそわれわれは、そのような社会のあり方を変えようと努力を続けてきた。結果として、社会は発展し、人々は豊かになり、風通しのよい対人関係ができあがった。

 しかしそれでもなお、社会はストレスに満ちている。心身に問題を抱える人々の数が減る兆しは見えてこない。そして助け合いの精神が廃れた。