CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 総合型地域スポーツクラブ構想と市民参加型まちづくり

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

中西 純司

2005年06月30日

総合型地域スポーツクラブ構想と市民参加型まちづくり

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2005年06月30日

中西 純司

都市・コミュニティ

コミュニティ・デザイン

情報誌CEL (Vol.73)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

国が進める「総合型地域スポーツクラブ構想」とは

 国(文部科学省)は、平成七年度から「総合型地域スポーツクラブ育成モデル事業」を開始し、平成一二年に出された「スポーツ振興基本計画」には、「総合型地域スポーツクラブの全国展開」が、わが国のスポーツ人口拡大目標(一〇年間で、成人の週一回以上の実施率を三七・二パーセントから五〇・〇パーセントへ)の達成に必要不可欠な行政施策として謳われている。

 このスポーツ振興基本計画策定以降、総合型地域スポーツクラブ(以下、「総合型クラブ」と略す)の創設気運が急速的にわが国全域に広まり、文部科学省の調査では、平成一五年七月一日現在までに、育成モデル事業によって一一五クラブが、各自治体レベルの育成・支援事業や(財)日本体育協会の「総合型地域スポーツクラブ支援事業」によって八三三クラブが、創設済みないしは創設中であるという。平成一六年度以降は、(財)日本体育協会が「総合型地域スポーツクラブ育成推進事業」を文部科学省委嘱事業として展開している(平成一七年年度からは委託事業)。 このような総合型クラブの定義は多様であるが、地域スポーツ推進研究会(一九九九年)によれば、総合型クラブとは「主にヨーロッパ諸国に見られる地域のスポーツクラブの形態で、地域において、子どもから高齢者、障害者までを含む、様々なスポーツを愛好する人々が参加できる、総合的なスポーツクラブである」と定義され、「ヨーロッパ型スポーツクラブ」がイメージされている。しかし、スポーツの歴史と制度が異なるヨーロッパ型スポーツクラブを模倣した総合型クラブを育成しても、独自のスポーツ振興施策に基づく地域スポーツクラブづくりの長い歴史と伝統を持つわが国では、現実的意味があるとは思えない。