CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 観光人類学ウォッチング -ロングステイ・ツーリズム-

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

山下 晋司

2006年03月25日

観光人類学ウォッチング -ロングステイ・ツーリズム-

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2006年03月25日

山下 晋司

都市・コミュニティ

地域活性化

情報誌CEL (Vol.76)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

近年の少子高齢社会の進展とともに、国際観光にも新しいトレンドがみられる。ロングステイ・ツーリズムがそれだ。長期滞在型の海外観光で、とりわけ退職者や年金生活者が第二の人生を海外で過ごそう、というものである。

 「ロングステイ」という言葉は、1992年に当時の通産省の認可を受けて設立された公益法人・ロングステイ財団の造語だといわれる。ロングステイ財団では、「生活の源泉を日本に置きながら海外の1か所に比較的長く滞在し、その国の文化や生活に触れ、現地社会に貢献を通じて国際親善に寄与する海外滞在スタイル」と定義している。海外長期滞在型余暇の過ごし方で、その意味では新しい海外観光のスタイルでもある。

 旅行会社各社は、特に2007年に退職を開始する団塊の世代を視野に入れて、この新しいマーケットに手をつけはじめており、ロングステイ体験ツアー、下見ツアーなどが企画・実施されている。出版も、JTBパブリッシングから『年金を活かす! 海外ロングステイ30都市徹底ガイド』(柳沢有紀夫編著、2004)が刊行され、「地球の歩き方」でおなじみのダイヤモンド社は「地球の暮らし方」シリーズの一つとして『ロングステイ2003-2005版』(2003)を出している。ロングステイ専門誌、「海外で“人生を遊ぶ”おとなの旅行誌」として『rasin(季刊ラシン)』(イカロス出版)が2003年から発刊されている。