CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 多文化社会と子どもの教育格差

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

関口 知子

2006年09月30日

多文化社会と子どもの教育格差

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2006年09月30日

関口 知子

住まい・生活

ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.78)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

グローバル経済が生み出す国際人流と多文化社会化

 二一世紀は「国際移住労働の世紀」といわれる。資本と企業活動のグローバル化は、労働市場の流動化を引き起こし、「持てる者」と「持たざる者」の格差拡大を地球規模で招いてきた。そして、グローバル経済の構造から排除され職を求める人々も、IT技術者などの高度専門家も、チャンスのある場所へ、国境を超えて移動している。こうして生み出される一億九〇〇〇万を超える国際人流(二〇〇五年国連統計)は、経営支配の世界的な統合と生産の世界的分散を進めるグローバル経済の構造を強化し続ける限り、今後も止まることはないだろう。どの国も人口構成の多様化が進み、「多文化社会化」が不可避な時代になってきている。

 日本の多文化社会化も確実に進行している。二〇〇五年末現在、外国人登録者数は二〇一万一五五五人となり、三七年連続で過去最高を更新中だ。しかし、日本人の海外移住も増え続けており、世界に在留する日本人は、戦後統計史上初の一〇〇万人を突破した(二〇〇五年度海外在留邦人数調査)。さらに日本人海外移民の子孫である「日系人」も含めば、海外で暮らす日本人は三〇〇万人を超える。相対的な人の出入りでいえば、日本人の海外流出の方が、外国人の日本流入より多いということだ。