CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>書籍・出版>情報誌CEL

情報誌CEL

CEL

2012.01 Vol.98「倫理的消費−持続可能な社会へのアクション」

 経済のグローバル化や少子高齢化の進展などと相まって、生活を支える社会の基盤そのものが大きく揺らぎはじめている現在、生活者が責任ある消費行動を通して社会の安定化を支えていくという考え方やそれに則したライフスタイルに新たな可能性が見出されつつあります。
 今回の特集のテーマは「倫理的消費−持続可能な社会へのアクション」。社会や他者に配慮した消費活動である「倫理的消費」という耳新しい概念を取り上げ、それが持続可能な社会の形成に大きく寄与するものであるという観点からのアプローチを試みます。
 生活者自身、企業、行政、NPOなど、それぞれの立場から、生活者の消費行動を通した社会へのコミットメントおよび変革可能性などについて、その認識を深めていくことにつながればと考えます。

特 集

倫理的消費とは何か

猪木 武徳

【対談】倫理的消費の現状と未来−個人の消費が社会とどうつながるのか

フローリアン・コールバッハ、豊田 尚吾

「倫理」が拓く新市場

石鍋 仁美

社会的視点からの意思決定の可能性−ニューロエコノミックスによる一考察

中込 正樹

倫理学から考える「倫理的消費」

柘植 尚則

市民による「買物ガイド」づくり

菊池 信孝

マーケティングから見た倫理的消費の可能性

田中 洋

コーズ・リレーテッド・マーケティング受容のために求められる俯瞰

世良 耕一

倫理的消費の社会的意味と消費者市民教育

鈴木 真由子

北欧のコンシューマー・シティズンシップ教育

島田 広

フェアトレードと倫理的消費

渡辺 龍也

新しい社会に向けた寄付文化の展開

駒崎 弘樹

津波被災を乗り越えて再開する「道の駅」

関 満博

「公平な貿易」の拡大と深化をめざして

フェアトレード・ラベル・ジャパン

1食20円の寄付で発展途上国に食料を提供する活動

TABLE FOR TWO事務局

非常食の備蓄が社会貢献につながる「救缶鳥(きゅうかんちょう)プロジェクト」

株式会社パン・アキモト

「猫」と「牡蠣」を復興再生の柱に−「にゃんこ・ザ・プロジェクト」

宮城県石巻市田代島

本の万華鏡『集まりの学としての社会学』

後藤 玲子

その他

第2回 日本での環境教育とその周辺

三島 順子

ウェルビーイング実現のための倫理的消費に

豊田 尚吾

大阪・上町台地発 都心居住文化の創造へ(第22話) いのちとなりわいを支える「水の縁」−リスクと恵みを分かち合う

弘本 由香里

CELからのメッセージ 「世のため、人のため」の消費に目覚める生活者

木全 吉彦

連載 食卓の喜び 第10回 デジュネ

Dr.Ingrid Haslinger、山下 満智子、宇野 佳子

時の話題 これからの社会におけるスポーツの役割と可能性−NOBYが拓くスポーツの新たな地平

石井 智

連載フォト・エッセイ 「耕す人々」(2)

太田 順一

CEL TOPICS

CEL

FROM EDITOR

京 雅也

バックナンバー

お問い合わせ、お申し込みについては
大阪ガスビジネスクリエイト(株)
TEL 06-6205-4650/FAX 06-6205-4759
E-mail:CEL@ogbc.co.jp

発 行:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所
編 集:(株)平凡社