CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>書籍・出版>情報誌CEL

情報誌CEL

CEL

2008.10 Vol.86「2020年の生活像を考える」

大阪ガス(株)エネルギー研究所(CEL)では、「住まい・生活」に関して生活者が抱えている問題をはじめ、期待する姿・方向やそのギャップを埋める解決策、今後の生活のあり方などの分析・研究を目的に、2005年から毎年1回、「これからの住まいとライフスタイルに関する生活意識調査」を行ってきました。今年の調査では、現実的に予想できる将来として2020年を設定し、個々の暮らしはどのような状態にあると思うか、不安や期待、ライフスタイルや消費行動、理想の社会像などについて問いました。2020年に視点を置くことで、逆に現代の生活者が抱える問題や課題を浮き彫りにするためです。本号では、特集のテーマを「2020年の生活像を考える」とし、外部有識者による問題提起と、当研究所研究員による調査結果の分析を通して、持続可能な社会へのアプローチを試みます。

特 集

2020年の生活像を考える−社会環境変化と生活者の意識を踏まえて−

多木 秀雄

2020年における日本の資源・環境制約について−どうなる日本の食

石 弘之

2020年の暮らしに関わる経済・政治課題について

白石 浩介

これからの子どもたちのために

狭間 惠三子

ワーク・ライフ・バランスとダイバーシティ

大沢 真知子

2020年の高齢者像−「老い」を「成熟」と捉える世代

高見澤 たか子

「2020年の生活像」生活意識調査概要

豊田 尚吾

2020年における生活者の食生活と環境行動

山下 満智子

2020年のあるべき社会像を考える

豊田 尚吾

2020年、暮らし方への不安と期待

濱 惠介

2020年の消費スタイルを探る

清水 英範

消費者の何とか

山田

本の万華鏡 “2020年の生活像”を紐解くヒント

清水 英範

生活意識調査から−介護に関する簡易報告

多木 秀雄

生活意識調査から−家事に関する簡易報告

加茂 みどり

その他

大阪・上町台地発 都心居住文化の創造へ(第14話) 地域資源情報によるコミュニティ・エンパワーメントの可能性(2)

弘本 由香里

時の話題 ストック住宅社会をめざして

巽 和夫

連載落語・時間を訪ねる旅 〜上方古典芸能と文化を巡る〜 第二回「曽根崎心中」(文楽)

林家 竹丸

CEL TOPICS

CEL

FROM EDITOR

京 雅也

バックナンバー

お問い合わせ、お申し込みについては
大阪ガスビジネスクリエイト(株)
TEL 06-6205-4650/FAX 06-6205-4759
E-mail:CEL@ogbc.co.jp

発 行:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所
編 集:(株)平凡社