大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 未来ブラリ 第5回 人生100年時代、どう生きる?

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

山本 貴代

2022年03月01日

未来ブラリ 第5回 人生100年時代、どう生きる?

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2022年03月01日

山本 貴代

住まい・生活
都市・コミュニティ

ライフスタイル
コミュニティ・デザイン

情報誌CEL (Vol.130)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

日常はコロナの蔓延で一変。急ぎ足でやってきた少し先の未来を、欲望.行動.価値観の観点から女性の視点で解読。本音を探るアンケートから、新たな気づきを発見するコーナーです。

元気なうちに人生を終えたい

日本人の平均寿命は、女性は世界トップで87.7歳、男性は世界2位の81.6歳。30年後には、平均寿命はいやはや100歳になるとも言われています。コロナを経て、より命について意識するようになった昨今、長くなる人生を"みんなどう生きたいのか"について考えてみました。今回本音を聞いたのは、20代〜70代の女性135人です。
まず驚いたのは、人生100年時代と言われる今「何歳まで生きたいか」という質問に対する答えです。6割近くが「元気なうちに人生を終えたい」と答え、どの世代もダントツ1位でした。2位は「平均寿命は越えたい」で3割弱。100歳以上生きたいという人は、135人中たった5人(うち3人は50代)しかいませんでした。親の介護に差し掛かる世代の回答が多かったからか、現在の健康寿命(男性72.7歳・女性75.4歳)も考えると、「子どもに迷惑をかけたくない」「だらだら生きたくない」など思いはいろいろあるようです。

不安と楽しみの比率。後半人生を満たすものは?

長くなる人生ですが、「後半の人生を満たすために大事なものは何だと思うか」の問いの回答では、上位から、お金(89.7%)・健康(87.4%)・家族(84.4%)・友だち(80%)・趣味(56.3%)と続き、少し離れて6位は仕事(24.4%)でした。先立つものは、お金と健康、支える家族に友だちと思うのは、どの世代も変わりません。「何歳まで働きたいか」と聞けば、「身体と頭の自由が効く限り働かなければいけないと思う」が4割近くを占め、「死ぬまで働いていたい」(16.8%)と合わせると半数を超えます。「定年でリタイアしたい」という人は2割弱に過ぎません。「働くのが好き」という以外に、「老後の資金が不安」という理由が多いのも、こうした回答結果になった理由ではないでしょうか。
しかし、人生100年時代の不安と楽しみの比率を聞けば、全体の平均値としては楽しみのほうが高い結果に(56対44)。不安はいろいろあるものの「子や孫の成長を見届けたい」「変化する未来を見てみたい」「ゆったり旅行へ」「いろんなことにチャレンジしたい」など、将来へのポジティブな意見は多く見られました。

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス