大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 住まいのサブスクリプション − 都市と地方で人口をシェアする

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

佐別当 隆志

2021年07月01日

住まいのサブスクリプション − 都市と地方で人口をシェアする

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2021年07月01日

佐別当 隆志

住まい・生活
都市・コミュニティ

住生活
ライフスタイル
地域活性化

情報誌CEL (Vol.128)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

リモートワークの普及を背景に、場所にしばられない働き方が広がるなかで、複数の家を転々としながら暮らす「多拠点居住」に注目が集まっている。
全国の物件に住み放題となるサブスクリプション(定額課金)サービスを展開するベンチャー企業「ADDress」の代表・佐別当隆志氏は、都市と地方の両方に暮らす新しいライフスタイルが、「全国創生」の糸口になるという。
多拠点居住サービスの仕組みと、その未来像についてお話を伺った。

近年躍進するサブスクリプションと「ADDress」の存在感

月額料金などの定額を支払い、サービスを利用するサブスクリプション(以下、サブスク)。近年、動画や音楽、電子書籍といったコンテンツ利用に限らず、ファッションや家具、家電、車などを定額で利用できるサービスも目立ってきた。市場規模は2019年に1兆円を突破し、2023年には約1.4兆円にまで拡大する見通しだ。
2018年創業のADDressは、住まいのサブスクを提供する会社だ。全国に一軒家や提携宿泊施設の住まいを設け、月額料金を支払って会員になれば、どの家でも滞在できる。ほとんどの家が個室を利用でき、シャワーやトイレ、キッチン等は共用。本格的なサービス始動の2019年10月末には20カ所だった物件数が、2021年5月には160カ所超となり、全都道府県での滞在が可能になった。また、会員数も1年半で5倍に増加した。急成長の背景にあるのが、コロナ禍によるリモートワークの急速な普及だ。「会社に毎日通わなくてよいなら、家賃の高い地域に住む必要はない」と考える人の都心離れは、各メディアでも取り上げられている。また、いっとき自宅を離れ、景色のきれいな場所でストレスを緩和しながら仕事をする「ワーケーション」も注目されている。佐別当氏は言う。
「コロナ前のメインターゲットはフリーランスや自営業等、働く場所を自分で決められる人でした。しかしコロナ禍の今、会員の半分以上を会社員が占めています。テレワークできる会社員が、月に数度は出社しながら主に都市部近郊の家を回るようなワークスタイルをとっています。よって人気の家は長野や山梨、静岡、千葉、神奈川、大阪、京都、奈良など、都心から1、2時間で行けるところです」
近年、全国各地の宿泊施設と提携して「月額制でホテル泊まり放題」とするサービスは増えているが、ADDressは単なる住まいの定額サービスを提供したいわけではないという。

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】持続可能な未来を考える

持続可能な社会を実現するために、 今、私たちができることは何でしょうか。 この世...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス