CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 幸せづくりのヒント×先進的協働: 市民の心と身体の健康に貢献する都市の新拠点

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

CEL編集室

2015年07月01日

幸せづくりのヒント×先進的協働: 市民の心と身体の健康に貢献する都市の新拠点

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2015年07月01日

CEL編集室

都市・コミュニティ
住まい・生活

まちづくり
地域活性化
ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.110)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

大阪市 森ノ宮

森ノ宮駅から1分、大阪都市部の街中に、市民の心と身体の健康を増進させる目標をコンセプトに包摂した商業施設が誕生した。都市における幸福なまちづくりに新しい示唆を与えるユニークな試みとは。

縄文中期〜近世にわたる複合遺跡・森之宮遺跡により、縄文時代から人の営みがあったことが知られる大阪市森ノ宮地域。周辺に飛鳥・奈良時代の宮殿である難波宮、大阪城を擁し、歴史と文化に育まれ発展してきたまちだ。一方、野球ファンに親しまれた日本生命球場の跡地が1997年の閉場以後活用されぬままとなっており、空洞化が見られている現状もある。
しかし、そんな長らく放置されていた球場跡地が、今春、装いも新たに生まれ変わった。再開発に着手したのは東急不動産(株)。関西エリアで展開されるモール型ショッピングセンター「キューズモール」では4番目の施設にあたる。目指すのは、地域特性を生かし、まちに根差した「ここにしかない」商業施設という。
豊かな文化に育まれたまちの懐の深さ、阪神高速道路をはさんだ向かいに市民ランナー屈指のランニングスポットである大阪城公園が広がる立地――森ノ宮の地域特性から導き出されたのは、「豊かに生きる、ココロ・カラダ特区」というコンセプトだ。
名称は、球場跡地であることや、地域住民の生活拠点(ベース)となり、豊かで前向きな暮らしの基本(ベース)を支え、健やかなカラダづくりの基礎(ベース)となってほしいとの願いをもこめて「もりのみやキューズモールBASE」と付けられた。
スポーツクラブなど、「心と身体の健康」「より良い暮らし」をキーワードにした49のテナントが揃うなか、シンボルとなるのは屋上ランニングトラック「エアトラック」((株)竹中工務店と共同開発)。
ほかにも、豊かな「ココロ」を育てるコンセプトを反映した施設として、市民から寄贈された本を中心につくる市民参加型コミュニティ・ライブラリー「まちライブラリー」も置かれた。産声をあげたばかりの施設が都市コミュニティの重要な拠点となることが期待されている。

成し遂げてきた人と共につくる幸せな地域

今回、トップアスリートとしての経験を生かし、エアトラックの監修に携わったのが大阪ガス(株)所属、北京五輪銅メダリストの朝原宣治氏である。朝原氏と、プロジェクトチームのマネジャーである大阪ガス・石井智氏のおふたりに話を伺った。

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】未来を創る −新しい住まいのかたち

生活様式や社会的価値観が大きく変わろうとするなか、私たちはどのように社会とかかわ...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号