大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > Part5 社会貢献の新しいかたち プロボノ

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

サービスグラント

2013年07月01日

Part5 社会貢献の新しいかたち プロボノ

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2013年07月01日

サービスグラント

住まい・生活
都市・コミュニティ

ライフスタイル
コミュニティ・デザイン
その他

情報誌CEL (Vol.104)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

「プロボノ」。それは、最近日本でも注目を浴び始めた新しい社会貢献の手法だ。いったいそれはどんな活動で、どんなやりがいが感じられるのだろう。すでに実践している人たちの声を聴いてみよう。

「プロボノ」とは、その語源であるラテン語の「公共善のために(pro bono publico)」に由来する通り、社会的・公共的な目的のために、職業で培ったスキルや知識を提供するボランティア活動のこと。ボランティアを提供する先は、NPO団体である。
プロボノが従来のボランティアと違う点は、いくつかある。一般的なボランティアでは、職業やキャリアは問われないが、プロボノでは、プロフェッショナルなスキルが求められる。なぜなら、必要とされるのが、広報やマーケティング、事業戦略といった、相手方のNPO運営の根幹に関わる重要な役務だからだ。
もうひとつの違いは、ボランティア側(プロボノワーカーと呼ばれる)とNPOとの間をつなげる、もうひとつのNPOが存在する点である。このNPOが双方の状況を把握し、マッチングすることでプロジェクトがスタートする。 アメリカから始まったというプロボノ。日本におけるプロボノマッチングのNPOで草分け的存在なのが、「サービスグラント」だ。代表のさ嵯峨 生馬さんがプロボノを知ったのは、2004年のこと。当時シンクタンクに勤務しながら地域通貨を広めるNPOで活動していた嵯峨さんは、仕事でサンフランシスコへ赴いた際、偶然にプロボノプロジェクトを運営するNPO「タップルートファウンデーション」の存在を知ることとなる。
「仕事のスキルを生かしたボランティアというのは、私にとって目から鱗の発想でした。そしてタップルートの働きによって、たくさんの成果が上がっていることにも驚きました」
従来は、NPOに関わりたいというボランティアの人は多くても、運営や仕組みづくりまでを担う人は少なく、NPO運営の難しさを痛感していた嵯峨さんは、2005年に有志を募り、サービスグラントを立ち上げた。現在、登録しているプロボノワーカーは約1700人、NPOは約120団体に上る。
プロジェクトは、通常、チームで進められる。1チーム5、6人で、期間は約半年。チームのなかでプロジェクトマネージャーをひとり決め、マネージャーが全体のスケジュール調整や管理をする。各自は終業後や週末の時間を使って作業し、コミュニケーションにはメールやオンライン会議のツールが使われる。

  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • 都市魅力研究室
  • OMS戯曲賞

【特集】対話で変わる人と組織 −精神療法を手がかりに

平成の「失われた30年」。 日本は、先進国のなかで唯一経済が停滞し続けた。 社員...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス