CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 連載 食卓の喜び 第9回 アンピール様式の食卓(1810年)

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

Dr.Ingrid Haslinger、山下 満智子、宇野 佳子

2011年09月30日

連載 食卓の喜び 第9回 アンピール様式の食卓(1810年)

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2011年09月30日

Dr.Ingrid Haslinger、山下 満智子、宇野 佳子

住まい・生活

その他
食生活
ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.97)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

アンピール様式の食卓(1810年)

-ナポレオンとアンピール様式-

 アンピール(Empire)様式は、ナポレオン一世によるフランス第一帝国からそう名づけられ、ロココ時代の贅沢で過剰な装飾に対して、古代ギリシャ・ローマ文化に範を取る簡素な装飾を特徴とした。当時フランスがヨーロッパのほぼすべての国家と戦争状態にあったにもかかわらず、アンピール様式の食卓は、ヨーロッパ中に広まった。ウィーンの磁器工房も、フランスのセーブルの工房を模倣しようとして、おびただしい数のセーブルの製品を購入した。フランス軍によるウィーン占領期には、その交流は特に緊密になり、ウィーンの職人がパリに赴いたり、フランスの職人がウィーンにやってきたりして、相互に影響し合った。
 美しい磁器製のテーブルウェアの需要は、この当時特に大きくなった。皇帝フランツ二世(一世)※は、自らの金や銀の食器類をすべて溶かして、ナポレオン戦争の資金とした。皇帝は、貴族たちにもそれを強制し、それに従わない場合は、高額の罰金を支払わせた。そのため、オーストリアやドイツの銀細工師たちによる18世紀の金銀食器の大半は造幣工場で溶かされてしまった。しかしザクセン・テシェンのアルブレヒト公やエステルハージ侯など、ごくわずかな貴族たちは、罰金を支払うことのほうを選んだ。そのようにしてアルブレヒト公のテーブルウェアは、第二次世界大戦後の混乱期まで、散逸を逃れたのであった。

※ 神聖ローマ皇帝フランツ二世は、1804年からオーストリア皇帝フランツ一世を併せて名乗っていたが、1806年ナポレオンに敗れて神聖ローマ皇帝の帝位を辞した。

-ウィーン磁器の芸術的頂点-

 ウィーンの工房は、磁器に対するこの需要によって飛躍的な発展を遂げ、この時期に芸術的頂点に達した。フランス式給仕法に必要とされたスープ皿、キャセロール、ソース入れ、魚やロースト用の鉢、サラダやコンポート用の鉢、塩入れ、コンソメカップといった金や銀の食器類は、すべて磁器に代わった。
 特に人気があったのは、ウィーン磁器工房の、金色のぶどうの葉の模様がついた食器であった。その中で当時を特徴づけるものは、オリオスープを供するためのコンソメカップであった。オリオスープは、おそらくカール六世(1685−1740)の時代に、スペインのオラ・ポトリダ(ollapotrida)としてウィーンのハプスブルク宮廷に取り入れられたと思われる。この栄養たっぷりのごった煮は、ウィーンで洗練され、貴族の食べ物となった。スープの材料は捨てられ、食卓に供されるのは、透明なブイヨンだけであった。