CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 御堂筋 一枚の写真から

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

山下 満智子

2006年03月25日

御堂筋 一枚の写真から

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2006年03月25日

山下 満智子

都市・コミュニティ

地域活性化

情報誌CEL (Vol.76)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

 大阪・御堂筋に面して建つガスビルの建築現場を撮影したフィルムが残されている。昭和五年から八年にかけてガスビル建築を請け負った株式会社大林組が撮影したものである。映像は、当時の最新工法によるガスビル建築を克明に記録する。込み合った商家の中で騒音を放つスチームハンマー、ガスビルを支えるたくさんの松杭、砂利もコンクリートも大勢の人手で運ばれ、鉄筋も人力で加工されている。そして商家の連なる界隈に忽然と現れるモダンな外観のガスビル、どれも非常に貴重な映像である。

 その映像の中に、建築中のガスビルの屋上から大阪の街を映したシーンがあった。当時ガスビル周辺は二階建ての商家が連なり、さえぎるものは何もない。工事中の御堂筋や木造の商家、竣工したばかりの朝日ビルディングもはっきりと見える。煙の都といわれた当時の大阪の空も、そのフィルムには残されていた。デジタルデータとなったその映像をパノラマ状の写真にすることができた。御堂筋のパノラマ写真から当時の大阪の物語を掘り起こしてみたい。