CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > シンガポール建国の父リー・クアンユーに学ぶ

論文・レポート検索

Search

季刊誌CEL

岩崎 育夫

2018年11月01日

シンガポール建国の父リー・クアンユーに学ぶ

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2018年11月01日

岩崎 育夫

都市・コミュニティ

まちづくり
地域活性化
都市システム・構造

情報誌CEL (Vol.120)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

いまやアジア一の学力、経済発展を誇るシンガポール。
他に類を見ないビジョン主導の実験都市国家シンガポールはいかにして成ったのか。国民のみならず、世界中のリーダーから尊敬を集める建国の父、リー・クアンユーの功績とその歴史的背景、国家戦略をたどることで、いま日本が学ぶべきリーダーシップのありかたを知る。

シンガポールは赤道直下に位置する東南アジアの国で、国土面積は東京23区よりも少し広い719km2、人口は560万人しかいない。国土は小さく、これといった資源もないが、2015年の一人当たり国民総所得は約5万2000ドルで、約3万9000ドルの日本を上回りアジア第1位を誇っている。わずかな期間でシンガポールを政治安定と経済発展の国に創り上げたのが、「建国の父」リー・クアンユーである。なぜ都市国家が誕生したのか、リーはどのような政治家なのか、シンガポールの経済発展のためにどのような態勢を創ったのか、日本はシンガポールから何を学べるのかなど考えてみたい。


シンガポールの誕生

現代シンガポールを知るには、その生い立ちとして、イギリス植民地から独立国家になった経緯をみておく必要がある。歴史的にシンガポールはマレーシアのジョホール州に属し、わずか200年ほど前までは、ジャングルに覆われたほぼ無人の島だった。1819年にイギリスが、インドと中国間の貿易の中途に、水や食糧を補給する港を探したさいに、シンガポールを植民地にしたことで、世界史に登場したものである。

マレーシアやインドネシアなどで、ヨーロッパ向けゴムやコーヒーなどの一次産品生産が本格化すると、シンガポールは東南アジアにおける中継貿易港として急速に発展した。1819年当時は、マレー人など約150人が住んでいただけだったが、貿易関連の仕事を求めて、中国人(約75%)、マレー人(約15%)、インド人(約8%)が大挙押し寄せた(( )内は現在の割合)。「移民社会」と「多民族型社会」シンガポールの誕生である。

イギリスがシンガポールを貿易拠点にだけでなく、アジアの軍事拠点にもしたので、第2次世界大戦中は日本に占領支配されたが、戦後、経済的に重要なシンガポールをマレーシアから切り離して単独植民地にした。1957年にマレーシアが独立すると、シンガポールの独立も時間の問題となった。