CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 【対談】耕−文化を問い直す

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

松岡 正剛
池永 寛明

2018年03月01日

【対談】耕−文化を問い直す

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2018年03月01日

松岡 正剛
池永 寛明

都市・コミュニティ

コミュニティ・デザイン
地域活性化
まちづくり

情報誌CEL (Vol.118)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

生活文化の基盤であった「都市」に埋め込まれた価値を取り戻し、再起動へつなげる連続特集企画「ルネッセ(Renesse)」。
3回目となる今号の対談では、スーパー・アドバイザーの松岡正剛氏とともに、都市・地域における文化のあり方をテーマに語り合う。

地域文化を持ったまちをつくるには

池永:116号の「場」、117号の「交」と続けてきた「ルネッセ」(再起動「Renesse」)するための方法論を考えていく対談ですが、今回はルネッセの中核である「耕(文化を問い直す)」にスポットを当てたいと思います。そもそも私どもの研究所の名称には「文化」がついていますが、「文化とは何か」というのが、実は大きな疑問とするところで、そこをじっくり掘り起こしていければと考えています。
まず「地域の文化」からお話しさせていただくと、私が思い当たるのは「出汁」です。日本料理は出汁から始まりますが、今は調味料を使い、本来の料理の工程を省いてつくってしまいます。そもそも出汁とは、その地域でしか収穫できない食材を利用し、時間・手数をかけて地域独自の味をつくり上げてきたものですが、その地域性が喪失され全国一律になってしまっていると思います。
東北に何度かうかがう機会があり、宮城県名取市の閖上地区について、副市長さんとディスカッションさせていただき、「人口を増やすこと、減らすことをくい止めることが、まちの存在理由ではない。最終的に残るまちは、地域文化を持ったまちではないか」とお聞きしました。かつて確実にあった地域文化を、どのようにその場に注入して再起動できるかが課題だ、と。復興にあたって、国の都市計画的な枠組みだけでは限界があり、「文化」の重要性を感じられています。そこで住民の方々が話し合って、新たなまちの中心に神社を据えられました。

松岡:私も閖上に行ったことがあります。震災で何もかもなくなっていました。神社から始められることにしたのですね。よくぞやりました。

池永:地域に根差した産業をどうつくりうるのか、それが文化になるとはどういうことか、という点では気仙沼の例が示唆的です。気仙沼は震災があったにも拘わらず、生鮮カツオの水揚げ量は20年連続日本一を守られました。船が入港したら気仙沼の産業が一気に動き出すという、漁業と水産と商業のビジネスフローが再構築されたことが、まちを復活させる重要なポイントになっています。