CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 生活満足感の推移から見る生活者像 〜安心から変化へ〜

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

豊田 尚吾

2008年06月30日

生活満足感の推移から見る生活者像 〜安心から変化へ〜

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2008年06月30日

豊田 尚吾

住まい・生活

ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.85)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

はじめに

 原油価格の高騰などを反映して、さまざまな生活財が値上がりしている。年金、後期高齢者医療制度、ガソリン価格の高騰といった不安要因も大きい。そのような中、生活者はどのような意識で日々暮らしているのであろうか。

 今号の「CEL TOPICS」でも紹介しているように、当研究所では、毎年全国約千人の生活者に対し、生活意識調査を行っており、今年で四回目となった(うち第一回、三回、四回は留置調査、第二回は郵送調査、実施時期は一月末から二月)。その調査の中で、毎回、回答者の生活満足度を訊ねている。基本的には個人の私的な生活実感を反映した満足度であるが、当然、その背景にある社会情勢にも大きな影響を受ける。したがって、その経年の推移を見ると、生活者の社会に対する大まかな見方を把握することができて興味深い。本稿では、その推移と関連するアンケート結果をもとに、生活者の意識の変化を考察することを試みる(アンケートの概要に関しては、「CEL TOPICS」を参照)。