CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 本の万華鏡 “食育の時代と社会の役割”を紐解くヒント

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

黒岩 比佐子

2008年06月30日

本の万華鏡 “食育の時代と社会の役割”を紐解くヒント

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2008年06月30日

黒岩 比佐子

住まい・生活

食生活

情報誌CEL (Vol.85)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

村井弦斎という名前を聞いて、すぐに思い当たる人は、かなりの近代文学通でしょう。村井弦斎は明治中期から大正期に活躍した作家で、晩年は食物の研究に没頭し、多くの著作があります。特に、一九〇三(明治三十六)年に新聞連載された『食道楽』は、単行本も飛ぶように売れて、明治を代表するベストセラーの一つになりました。

 なぜ『食道楽』という小説は、それほど人気を博したのでしょうか。それは、小説のなかに和洋中にわたる料理が六百種以上も登場し、その一部は作り方まで説明されるというユニークな趣向が読者に歓迎されたからでした。当時の庶民にとって西洋料理は、まだ高級なものだったので、文中に登場する料理の名称は憧れをかきたてたことでしょう。ステーキ、シチュー、スープ、サラダ、デザートの数々。世界三大珍味のキャビア・トリュフ・フォアグラまで出てくるのには驚かされます。さらに『食道楽』では、ナイフとフォークの使い方やスープは音をたてずに飲むことなど、テーブルマナーまで紹介されています。

 『食道楽』の主人公の大原満は名前が示すとおり、腹が突き出た、いわば元祖” メタボ男“です。その大原の食生活を改善する役割を果たすのが、美人で料理が得意なお登和。『食道楽』は、この二人の結婚話をめぐって展開していきます。