CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > メディアの力と食育

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

吉岡 忍

2008年06月30日

メディアの力と食育

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2008年06月30日

吉岡 忍

住まい・生活

食生活

情報誌CEL (Vol.85)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

食べたいものと食べたくないもの

 食卓にサラダがある。魚や肉もある。ときどき私は、レタスやトマトやキュウリが、サンマや牛肉がどこからきたかを思い浮かべてみる。

 仕事柄、私は全国各地の農家や漁港を訪ねることがある。レタスといえば、信州川上村を訪ねたときのことを思い出す。敗戦直後、日本に進駐した米軍の食料調達係がこの村にやってきて、肥料に人糞を使わないレタス作りを命じた。これが日本のレタスのはじまりとなる。以来、村のあちこちに広がるゆるやかな起伏は一面の畑に開墾され、レタス作りでは日本一になった。

 サンマなら宮城県の女川港だろう。秋口の寒い朝、私はまだ暗いうちから起きだして、岸壁で震えながら漁場からもどってくる漁船を待っていた。ようやく会えた船長は無愛想で、口数も少なかったが、黙って船内の食堂に招いてくれ、氷温の水槽から数尾のサンマを鷲掴みにすると、手ずから焼いて食べさせてくれた。冷えきったお腹に染み込んでいったあの味は忘れられない。