CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>書籍・出版>情報誌CEL

情報誌CEL

CEL

2012.02 Vol.99「"人"と "つながり"から持続可能な社会を実現する」

 大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所(CEL)は、1986 年4 月1 日の設立以来25 年にわたって、生活者視点および長期的視点で、持続可能な生活・社会を実現するための研究、実践活動を行い、それらの成果を広く社会に発信してきました。
 2011年秋、設立25周年をひとつの契機として、CEL は研究所としての新たな出発に向けてシンポジウムを開催し、多くの方々にご来場いただきました。
 今回の「CEL」の特集ページは、同シンポジウム(CELからのメッセージ「 "人"と"つながり"から持続可能な社会を実現する」)での発表内容を誌上に再録したものです。
 CELが歩んだ25 年の歴史を社会の変化とともに振り返り、また、各研究員が取り組んでいる研究・実践活動を報告するとともに、それぞれが持続可能な生活・社会の実現に向けた具体的な課題の提起を行っています。また、当日発表に用いた資料はホームページ上に公開していますので、併せてご覧ください。

特 集

ごあいさつ

北前 雅人

エネルギー・文化研究所の25年を振り返る

志波 徹

調理や火の生活文化の継承

山下 満智子

少子高齢化時代と住まい

加茂 みどり

都市文化の価値の再認識とさらなる活用

栗本 智代

「生活経営」のすすめ

豊田 尚吾

これからのエネルギーと環境

当麻 潔

地域資源を活かす"つながり"の再デザイン − 持続可能なコミュニティ・デザインへ

弘本 由香里

CEL設立25周年シンポジウム会場 展示概要

CELからのメッセージ

木全 吉彦

CELへの期待

大谷 貴美子、高田 光雄、茶谷 幸治、植田 和弘、矢守 克也

その他

第3回 学校での環境教育を支える取り組み

三島 順子

連載 食卓の喜び 第11回 ビーダーマイヤーの時代

山下 満智子

時の話題 世界人口70億人を突破−地球はどれだけの人口を養えるのか

石 弘之

連載フォト・エッセイ 「耕す人々」(3)

太田 順一

CEL TOPICS−炎と食シンポジウム第22回講演ダイジェスト 柳田國男と食文化

福田 アジオ

FROM EDITOR

京 雅也

バックナンバー

お問い合わせ、お申し込みについては
大阪ガスビジネスクリエイト(株)
TEL 06-6205-4650/FAX 06-6205-4759
E-mail:CEL@ogbc.co.jp

発 行:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所
編 集:(株)平凡社