CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>書籍・出版>情報誌CEL

情報誌CEL

CEL

2007.01 Vol.79「多様なエネルギーで豊かな暮らし」

 エネルギーは私たちの生活の基盤を成しており、持続的に豊かで安心できる暮らしを維持していくためには、エネルギーの安定確保は欠かせない条件である。ところが、私たちは、今、この条件を脅かす二つの大きな問題に直面している。一つは、化石燃料の枯渇の問題であり、もう一つはエネルギー消費の増大にともなう二酸化炭素排出量の増加がもたらす地球温暖化の問題である。
 その解決策の一つとして注目されているのが“新エネルギー”である。我が国をはじめ世界各国で、太陽エネルギーや風力、バイオマスなどのさまざまな再生可能エネルギーや、コージェネレーション、燃料電池などの開発や導入が進んでいる。その多くは住まいにおける利用も可能である。利用技術の進展が、生活者の賢いエネルギー利用の選択肢を広げ、それぞれの住まいの特性やライフスタイルに合わせた多様なエネルギーのベストミックスを可能とする。そうしたエネルギー・ライフスタイルの実現によって、在来型エネルギーへの依存を減らしつつ、必要なエネルギーを安定確保することが期待されている。さらに、近隣地域の複数の住宅や商業用施設、工場などを結ぶグリッドを形成してエネルギーを面的に融通し合えば、総合利用効率の向上や廃熱などの地域の特性に合ったエネルギーの活用も可能となる。
 私たち人類は、これまでの長い歴史の中で、さまざまなリスクから暮らしを守り、次世代へ豊かさを受け継いでいくために、智恵を絞り、目的や用途に応じて多様なエネルギーを使いわけてきた。最も高品質なエネルギーといわれる電気だけで住まいの全エネルギー需要を賄う“オール電化”への関心が高まりつつある中、多様なエネルギーを利用することの可能性と意義について、今一度、さまざまな視点から見つめてみたいというのが今回の特集の趣旨である。

真名子敦司(CEL所長)

特 集
バックナンバー

お問い合わせ、お申し込みについては
大阪ガスビジネスクリエイト(株)
TEL 06-6205-4650/FAX 06-6205-4759
E-mail:CEL@ogbc.co.jp

発 行:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所
編 集:(株)平凡社