大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 私たちが考える万博 最終回 人を中心とした社会の再起動に向けて

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

池永 寛明
金澤 成子

2022年03月01日

私たちが考える万博 最終回 人を中心とした社会の再起動に向けて

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2022年03月01日

池永 寛明
金澤 成子

都市・コミュニティ

コミュニティ・デザイン
地域活性化
まちづくり

情報誌CEL (Vol.130)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

2025年開催の大阪・関西万博をどう考えるのか。これまで8回にわたりエネルギー・文化研究所(以下、CEL)の池永寛明顧問を中心に多角的な考察を進めてきた。
その間、コロナ禍という誰もが想定していなかった社会状況の到来を経たことで、新しい社会のあり方への模索と、議論の射程は拡大してきた。
最終回となる今回は、これまでの総括として金澤成子CEL所長と対談を行った。

CELで考えてきたこと

金澤 「私たちが考える万博」の連載は、2019年の『CEL』122号よりスタートしました。それまでも池永さんはCEL所長として「ルネッセ(再起動)」をテーマにさまざまな提言をしてこられましたが、この連載ではより俯瞰的な視点で、特に後半はコロナ禍があり、これから社会がどうあるべきかを軸にした考察へと広がったと感じています。
このたび池永さんが顧問を退任されることとなり、あらためてこれまでの取り組みや、万博についてのお考え、今後CELに期待されることなど幅広くお聞きしたいと思います。

池永 金澤さんがご紹介くださった通り、この連載は私が2016年4月にCEL所長に着任してから得た知見を土台として、新たな視点で大阪・関西万博を考察しようと始めたものです。そこで、まずは私が着任してから考えてきたことをまとめながら、それらを踏まえてコロナ禍後の社会、そして万博がどうあるべきかをお話ししたいと思います。
これまでにも繰り返し言及していますが、私がCELに配属された当初、まず考えたのは、研究所名にある「文化」とは何かということでした。一般的に文化というと芸能、芸術といった対象を指すと捉えがちですが、それだけではありません。そもそも文化の語源は「栽培・耕作」を意味する“cultivate”です。土地を耕し、種を蒔き、水・養分を与え、収穫し、取り出した種をまた植えて…というように、人間が何らかの活動を繰り返し、承継していくことに本質的な意味があるわけです。それもただそのまま受け継ぐのではなく、これまでのやり方の95%を承継し、新たな5%を加えて、洗練し繰り返していくことに意味があるのです。

金澤 本質を守りながらも新たなものを少し加えて次代につないでいくということですね。

池永 そうです。何より文化はある日突然生まれてくるものではなく、人々を取り巻く風土のなかで醸成され、洗練されていくものです。つまり、風土が感性をみがき、文化を育むのです。

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス