CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > CELからのメッセージ 異なるものをつなぐ魅力

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

田中 雅人

2020年03月01日

CELからのメッセージ 異なるものをつなぐ魅力

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2020年03月01日

田中 雅人

都市・コミュニティ
住まい・生活

コミュニティ・デザイン
地域活性化
ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.124)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

CELからのメッセージ
異なるものをつなぐ魅力

“Creativity is just connecting things.”
スティーブ・ジョブズの有名な言葉である。iPhoneが商品として世の中に現れた時、世界は驚きの渦にのまれた。しかし、iPhoneのコンポーネントはそれまで存在していた技術の組み合わせであった。つまり、携帯電話、タッチパネル、インターネットはすでに存在したが、それら異なる分野の技術をうまく組み合わせて、ひとつの商品にしたことで、スマホ革命につながるものの誕生になったのである。
世の中には、異なるものがつながって、新しいものが誕生するケースがたくさんある。しかし、異なるものは偶発的にはなかなかつながらない。異なるものがつながるためには、「場」「お節介」「意欲」が必要である。
シリコンバレーはベンチャー企業やクリエイターが集まって、新しいものを作り出す「場」であるし、ビジネスマッチングを図る「お節介」な目利き役がいるし、何よりも、我こそは世の中に新しいものやビジネスを作り出すのだという「意欲」のある若者が集結している。頼もしい限りである。
我々がいるエネルギー業界もまたしかり。かつての閉鎖的な業界に異業種からの参入、つまりエネルギーと異業種の出会いによって、新しい商品やビジネスが生まれてきている。GAFAと呼ばれるIT企業がエネルギー業界に進出し、新たなビジネスモデルを模索しているのは、とてつもない脅威であるが、我々はそれを待ち受けていてはいけない。むしろ、彼らよりも先に、我々こそが、アンテナを張り巡らして異分野に触手を伸ばし、新しいものを生み出していかなくてはならない。攻撃は最大の防御である。能動的に、異分野、異文化、異業種との接点の場づくりをし、お節介提案をし、そしてそれらを意欲的につなげていくことで、明るい未来を切り拓いていきたいものである。新時代のエネルギービジネスの模索は、未知への挑戦であり、新しいものを生み出す喜びであり、それこそが、いま我々に求められる使命ではないだろうか。