CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > コラム「衣食住遊」エコハウスとは?

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

竹内 昌義

2014年07月01日

コラム「衣食住遊」エコハウスとは?

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2014年07月01日

竹内 昌義

エネルギー・環境
住まい・生活

省エネルギー
エネルギー・ライフスタイル
住生活

情報誌CEL (Vol.107)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

エコハウスの定義は人によってさまざまだが、一言で言うとエネルギーの多くかからない家と言えるだろう。それを実現するためには、風土や気候にあわせて日射の取得や通風をよく考える必要がある。それは、ちょうど伝統的な家に似ている。掃き出し窓があり、庇がきちんととれていて、風通しのいい空間だ。冷暖房がない時代は、地域の気候を利用してそういう家が建てられていた。ところが、エアコンなどの機械が発達した結果、どこでも同じような家がどんどん建てられた。これは技術の進歩とも言えるが、家そのものの環境的な側面は退化してしまった。本来的には、エコハウスは伝統的な建て方に沿い、加えて現代の技術である冷暖房を少しだけ使いながら、環境をコントロールすることが求められる。だが、冷暖房をする観点から言うと、伝統的な家の断熱性能はないに等しい。なかにはそういう以前の暮らしに戻ればいいという考え方もある。しかし、古い伝統や歴史を踏まえつつ、新しい技術との融合を考える方がいい。
日本の家は、冬は寒すぎて、健康を損ないかねない。ヒートショックという言葉をご存知だろうか。暖かい居間から寒いトイレや浴室に行くことで血流が乱れ、心臓や脳に重篤な疾患を起こすことだ。年間1万7000人(2011年)が亡くなっているという。女性の冷え症、高齢者の高血圧なども寒い家が遠因である。
また、日本のエネルギーのほぼ3分の1、電力の6割程度が建物で消費されている。冬季になると必ず暖房を使うことを考えると、九州や沖縄などを除く、ほとんどの日本の家は何らかの対策を必要とする。その対策は断熱の強化である。温暖な日本であればこそ、少しの対策で家の消費エネルギーを簡単に減らすことができる。
 断熱の強化は快適性をも増す。このことが実は最も重要だ。人が部屋で過ごす時の体感温度は、壁や天井などの表面温度と室温の平均値であると言われる。例えば夏。40℃にまで達するような室外のコンクリートや鉄板むき出しの屋根の下にはいられないが、木陰であれば快適に過ごせる。木は水分を蒸散し、表面が気温と同じ温度になっているので、体感温度と木の表面の温度が等しくなり、快適なのだ。冬季、断熱されていない日本の家の壁、床、天井の温度は室温に比べ低い。

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】未来を創る −新しい住まいのかたち

生活様式や社会的価値観が大きく変わろうとするなか、私たちはどのように社会とかかわ...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガス(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号