CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>『日本再起動(ルネッセ)』が出版されます

新着情報

お知らせ

池永 寛明

2021年04月16日

『日本再起動(ルネッセ)』が出版されます


「日本再起動(ルネッセ)」が出版されます。

note日経COMEMOで日本社会の現在を文化の視点から3年半発信し続ける210本のコラムと2010年半年間開催した「コロナ禍後社会を考える連続講座」(計8回)をベースに、作家 中野順哉氏と語りあい、コロナ禍後社会の構造を読み解き、これからをどう考え、どう行動すべきかを一冊の本に詰め込みました。


書名:「日本再起動(ルネッセ)」
著者:エネルギー・文化研究所 池永寛明
   作家 中野順哉 〔共著〕 



目次:まえがき
   第1章 適合不全時代
   第2章 観の覚醒
   第3章 場の原価
   第4章 時間の変化
   第5章 生き方が問われる時代に
   あとがき


仕様:判型、4‐6、132頁
発行日:2021年4月20日
定 価:1400円+税
発行所:関西学院大学出版会
http://www.kgup.jp/book/b577131.html 


<ご参考:詳細目次>


まえがき


1 適合不全時代
  適合不全との共存と赦し合い
  母性原理と「場」
  共有してきたプラットフォームの消失
  プラットフォームが与えた力=想像力
  ブラックボックスの肥大


2 観の覚醒
  「専門」への疑念
  「専門」は便利
  オンラインと選別
  観の大変革


3 場の変化
  参勤交代の終焉
  営業の変質
  内面のリアルとバーチャル


4 時間の変化
  対価と時間の分離
  構造の変化
  企業は何のために存在するのか


5 生き方が問われる時代に
  ワークかライフかではない
  総括されない概念を継承する必要はない
  合規という言葉
  大阪の役割
  そして死
  再起動


あとがき


参考文献