CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2020年10月30日 by 金澤 成子

第1回『未来ブラリ』変わるオシャレ欲(続編) 

 

 

 「未来ブラリ(Mirai×Library)」は、現場もブラリしながら、世の中の消費を牽引する女性の

視点から、新たな気づきを発見し、少し先の未来を探す企画です。

 

 情報誌CEL126号(2020年11月1日発行)の本編の第1回目は、コロナ禍でのマスク、テレワーク事情を

中心に、女子のオシャレ欲を取り上げました。「オシャレ欲は、コロナ禍で二極化がさらに加速、深化した。マスク

装着も前向きにとらえ、美に貪欲。己に向かう時間が増え、人目より自分基準へ。世代差なく、楽しみながら

変化に対応し、行動した者がオシャレ欲を制するだろうと、少し先の未来を覗いてみました。


 当続編では、本編で掲載できなかった詳細データをご紹介します。

 コロナ禍の外出自粛で、オシャレ欲は、コロナ前よりも減った(63%)と答えながらも、56%の女子は、コロナ禍

でも新しい服を買った、 31%の女子は、コロナが終息したら、たくさんオシャレをしたい、決して女子たちの

オシャレ欲がなくなったわけではありません。 


  

  テレワークでオンライン会合が増え、シミを取りたい、リフトアップしたいという、新たなキレイ願望が沸いたり

オンライン映えするためのメイクアップやライトアップ、服装、背景選びなど、オシャレ女子に手抜きはなく、むしろ

盛る方向です。   

  

                

                                                         

                          

 オンライン時だけでなく、日常のメイクやスキンケアにも変化がありました。マスクで隠れないアイメイクには力を

入れるようになった、薄化粧になって肌質が良くなった、シミ取りに行った等、オシャレ女子の自分磨きには

余念がありません。

 


 

 

 

 本来のマスクの防御性機能に加え、マスク下の隠れた貪欲な願望もあらわになりました。どうせマスクをするのなら 

美人に見せたい、マスクをしながら「ほうれい線やシミが取れる」「口角が上がる」「ダイエットできる」等、同時にキレイ

アップできるものだったり、なんと自由記述では130件以上も欲望が出てきました(女子の数だけ欲望がある)。

商品化できれば、高くても買いたい女子が続出すること間違いなしです。

    

     【調査概要】 実施:2020年8月 調査法:オンラインアンケート

                       調査対象:女の欲望ラボ会員200人中136人が複数回答(20代〜70代女性)  

 

  次回(2021年3月予定)は、コロナ禍での食に関する様々な変化を中心に、どんな欲望と未来が見えてくるのか、

引き続き、女性の視点でお届けする予定です。

                                         (エネルギー・文化研究所 所長 金澤成子)