CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2015年01月19日 by 栗本 智代

二分の一 〇〇式!? 〜人生の立ち位置を確かめる〜

1月12日は成人の日でした。晴れ着を着た新成人の方々が、笑顔でこの日を迎えた様子を、テレビや新聞などのニュースで紹介していました。有名人では、フィギアスケートの羽生結弦、北海道日本ハムファイターズの大谷正平、歌手グループ・ももいろクローバーZの百田夏菜子(敬称略)など、すでに、成人になる前に幸運をつかみ、ばりばり仕事をしている方もいますが、大半は、これから、夢をかなえよう、夢を見つけようと、初心に戻りつつ、大人として自覚を持つ日だったと思います。私自身は、二十歳になった時、半分親のすねをかじりながら呑気に大学生活を送っており、年齢ばかりが大人の仲間入りをしたような成人式でした。

 ところで、近年、小学校で「二分の一成人式」を行っているのをご存知でしょうか。地域により限られているのかもしれませんが、成人の二分の一、つまり10才になる4年生の3学期の授業の中で行われることが多いようです。わが娘もちょうど4年生です。その日に向けて「自分が生まれたときのこと、幼い頃の育児の苦労話などを、家族にインタビューしなさい」という課題をもらい、根掘り葉掘り私に聞いてはプリントに書き込んでいます。そして、インタビューをもとに作文をまとめた文集をつくったり、授業参観中に、保護者に感謝の言葉を述べたり、というイベントが待っています。大人になるまでの折り返し地点、生まれてからの10年間を振り返り、これからを展望する。ささやかな式ですが、ほほえましく、子供の成長をより応援したくなりそうです。子供自身も、何らかの気づきがあるに違いありません。

 この「二分の一○○式」は、考えようによっては、大人にもさまざまありそうです。成人式の10年後・30才は、二分の一「還暦式」。44歳は、二分の一「米寿(八八歳)式」、50歳は、二分の一「百寿(他に上寿など)式」となります。改めて二分の一の地点に立っているのだと自覚すると、折り返した後半の日々が、自身の人生を決める気がしてきます。体力的にも金銭的にも、決して安易にはすまない、どこかで壁でぶつかるに違いないという不安がある一方で、前半戦で頑張ったご褒美を、後半戦の日々でより確かなものにして、ゆっくり楽しみ味わえたらいいなぁ、とも思います。

 初々しい“新成人”や“二分の一成人”とともに、人生における自分の立ち位置を確かめ、気を引き締めて、まずはこの1年、心身ともに健康に、有意義に過ごしたいものです。