CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 私たちが考える万博 第1回 万博を考える −その基点にあるもの

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

池永 寛明

2019年07月01日

私たちが考える万博 第1回 万博を考える −その基点にあるもの

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2019年07月01日

池永 寛明

都市・コミュニティ
住まい・生活

コミュニティ・デザイン
地域活性化
ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.122)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

開催を6年後に控えた2025年大阪・関西万博。1970年の大阪万博から55年ぶりの開催となる万博をどう考えていくのか。「万博は半年間だけの瞬間風速的イベントではなく、100年先を見据え、綿密に練られた『都市・産業・文化戦略』として考えるべき」と話すのは、池永寛明大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所顧問。今号より本誌でも万博について多角的に考察していきたい。


万博は記憶でつながっている
――議論の出発点

2025 年大阪・関西万博を考えるにあたり、これまで1970 年に大阪で行われた日本万国博覧会(以下、70年万博)についていろいろな場で議論をしてきましたが、70年万博を過去の遺物と捉えノスタルジーで語る気運があることや、70年万博を実際に経験した人と、していない人との間にギャップがあり、それを埋めるものは何だろうという視点で考えていました。ところが、本誌121号にご登場いただいた大阪発のアート集団COSMIC LAB代表の三浦泰や す理みちさんの言葉をきっかけに、意識が大きく変わりました。
三浦さんは70年万博後に生まれた、「70年万博を経験していない世代」です。その彼が娯楽施設「味園ユニバースビル」に活動拠点を置く理由が、「1970年の大阪万博の頃の空気感のなかで仕事をしたかったから」。そして「大阪万博の時代につくられたものには、外に向かって開かれた独特の感覚があり、このビルにもそういったエネルギーを感じ、それまで日本で感じていた壁をとっぱらった表現が、ここでなら可能になるという印象を受けた」というのです。これには非常に衝撃を覚えました。レガシーというか、70年万博とはそういうものだったのか、と。
当時生まれていない三浦さんにも、万博は語り継がれている。たとえばお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが話しているのを聴いて、その当時の"熱"を記憶している。実体験の有無とは別に記憶でつながっている――そう考えていくなかで、70年万博以前からの「時間の流れ・変化」をもっと大事にすべきなのではないか、と思うようになりました。