CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 「ルネッセ」を総括する
−文化的な土壌改良が大阪の地盤沈下を解決する、か?

論文・レポート検索

Search

季刊誌CEL

橋爪 節也

2019年03月01日

「ルネッセ」を総括する
−文化的な土壌改良が大阪の地盤沈下を解決する、か?

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2019年03月01日

橋爪 節也

都市・コミュニティ
住まい・生活

コミュニティ・デザイン
地域活性化
ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.121)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

大阪を中心とした近世・近代美術を研究し、その普及・発展に努めてきた、橋爪節也大阪大学総合学術博物館教授。現在・未来に過去の文化をつなげる難しさに苦心しながらも、地道に活動を続けてきた橋爪氏は、「ルネッセ」の協力者として心強い存在だ。これまでの活動を振り返りながら、未来に向けての視座を提示していただいた。

大阪を「ルネッセ」させる艱難辛苦の道のり

最近の大阪にいささか嫌気がさしている。洋画家・鍋井克之が随筆集『大阪ぎらい物語』(1962年刊)の装釘で、“A lover of Osaka grumbles”と書き込んだように、大阪が好きな人間が、ぶつぶつ愚痴(grumble)ているのは、大阪人の伝統かも知れないが……。
「地盤沈下」という言葉も、すでに昭和の雰囲気横溢だが、わが町を少しでも浮上させるため、私も大阪市の新しい美術館建設の準備室に18年間、在籍し、その後は大学で美術史を教え、大阪の文化芸術の普及や発展に微力ながら尽力してきた。が、皆で大阪を「ルネッセ」させよやおまへんかと言われても、艱難辛苦は如何ばかり。優曇華の咲きたる春を迎えるとも思われず、老いた敵討ちの浪人の心境の如く、年齢とともに面倒くさくなってきた。少年時代に衝撃的だった小松左京『日本沈没』の名言「何もせんほうがええ」も思い起こされる。
しかし、そうは言ってもCELの提唱する「ルネッセ」の企画には、なぜだか、これまで色々参加させてもらっている。
上町台地 今昔フォーラムでは、2015年3月、「とっておきのコレクション・トーク/憧れの百貨店・商店街と大阪の都市居住文化」で、“大大阪”時代を中心に百貨店文化を話した。2017年2月は川崎巨泉や山内神斧、森田乙三洞ら“趣味人”と郷土玩具を「“しゅみじん”のまち・大阪レビュー/郷土玩具から広がる「趣味人」ネットワークと近代・大阪の創造力」でとりあげた。
2018年3月、大阪の出版をテーマに「“知”の舟を漕いで/上町台地発、“本”をめぐる時空の旅へ〜ことばと本を愛する人たちの迷宮都市再び〜」、同年9月に、味噌汁坊一禅と名のって清談会を開いた暁鐘成をとりあげた「復活!現代版『汁講』=『知る講』」で司会や資料展示を行った。各回の内容は、CELのホームページで御覧いただきたいが、刊行された「上町台地今昔タイムズ」号外全10号のうち4号に私は関係している。