CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 働く60代前半の方々に対して行った 65歳以降のセカンドライフに関するアンケート調査結果

論文・レポート検索

Search

研究報告

遠座 俊明

2018年10月30日

働く60代前半の方々に対して行った 65歳以降のセカンドライフに関するアンケート調査結果

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2018年10月30日

遠座 俊明

住まい・生活

ライフスタイル

研究報告

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

一旦定年を迎えた後、継続的に働いている60歳前半の人たちを対象に、65歳以降のセカンドライフに関するWEBアンケートを実施しました。

何歳まで生きると思うか?の問いに 実際の平均余命に比べかなり低い年齢の回答(80歳、75歳)が多く、最近の寿命革命が"自分ごととして認識されていないことが判りました。